ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

二度目の久御山出張 祇園祭直前の京都はことさら暑い

2013年7月10日(水) 晴

 晴れなくてもいいのにと思うが、快晴が続く。朝夕の水遣りも大変だが、ジャケットを持って出掛けるのも辛い。歩いただけで汗が噴き出す。

 去年の秋に初めて足を踏み入れた京都府下の久御山に二度目の出張講義となる。電車やバスは冷房をしているので、まだ過ごしやすいが、一歩外に出ると灼熱地獄。何もかも溶けてしまいそうな暑さ。

 帰る頃にはすっかり日も傾いているが、熱気は抜けやらぬ。クロスピアってなんだろうと思っていたが、地図で観ると一目瞭然。京滋バイパスと第二京阪がここでクロスしている。それとユートピアを掛け合わせたであろう。
e0083517_2161636.jpg
 五時半終了の予定だったが、前の講義からのズレがあったり、終わってからの打ち合わせなどで案の定遅くなる。しかも、乗った帰りのバスが、京阪中書島行きだったので、京阪と近鉄を乗り継いでの帰路となる。
e0083517_1541771.jpg

 京都市内はなんとなく賑やか。そうだ、もうすぐ祇園祭。宵山もすぐそこに迫っている。乗り替えに四条通を東進すると、京の街は既にお祭りモード。思わずカメラを取り出す。外人観光客の多さが目立つ。
e0083517_157951.jpg

 行列の中でもお稚児さんには特にレンズを向けたくなる。
e0083517_1584787.jpg

 イマイチよく意味のわからない衣装もあるが。
e0083517_1591079.jpg

 鶴の恩返し?多分別の意味があるのだろう。
e0083517_1593893.jpg

 行列を撮るのもいいが、それを狙っている各種カメラマンもいい被写体である。やはり京都は被写体に恵まれているなぁと実感する。
e0083517_20690.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-07-10 23:59 | 仕事 | Comments(4)
Commented by pico at 2013-07-11 22:25 x
祇園祭りは来週だと思っていましたが、京都はもうこんなに
お祭り気分なんですね。
行列もいいですが、それにカメラをむけている観光客のひとりひとりが」
おもしろいです。
Commented by ひーやん at 2013-07-12 16:38 x
祇園祭は、7/1~31まで1ヶ月間続く行事で、山鉾巡行はクライマックスにすぎません。その小さい女の子は稚児さんではありません。稚児さんは、男の子で各鉾で微妙に違います。この社参が終わると、稚児さんはイキガミさんなんで地面に足をつけることと女性との接触は禁止されます。それと鶴の恩返しではなく、子鷺踊りです。 色々と伝統で意味があるので、その辺りを知ってから見学されると面白いですよ
Commented by ミッチ at 2013-07-12 22:03 x
はい、picoさん、暑くて熱いお祭り気分でしたよ。
Commented by ミッチ at 2013-07-12 22:06 x
博学物知り天才のひーやんさん、いつも教えていただきありがとうございます。
あの女の子の行列はなんというのでしょうね。小鷺踊りというのも初めて知り
ました。今日とは本当に奥が深いです。