ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

フル4時間のTIME記事との格闘のあとは楽しい二次会

2013年7月13日(土) 晴ときどき曇

 連日の晴天も少し雲が出てきた。過ごしやすいかと思ったが、日中はやはり灼熱地獄。しかし、辿り着くまでは大変だが、芦屋市民センターの会議室は寒いくらいの冷房完備でありがたい。

 駅に向かう途中、例年は普通のペチュニアプランターなのが、今年は少しゴージャスなサントリー的ペチュニア。花は小ぶりだが、花数は圧倒的に多そうだ。これから盛夏にかけて楽しみである。
e0083517_2354579.jpg

 芦屋市民センター前のアガパンサスの植え込みはさすがにもう終盤であるが、そこにセミの幼虫の亡骸。季節の推移を感じさせられる。例年より早くセミの声が聞こえだしたと言うことは、例年より早く梅雨が明けたということの証左であろう。
e0083517_23573751.jpg

 勉強会のテーマは、"How China sees the world"という習近平に関する5ページものの記事。内容的には関心の高いジャンルで、しかも英語も素直で、長いわりに取っつきやすい記事ではあった。それにしても、4時間の集中は堪える。

 幸い二次会には、我らがアイドル的存在、、メンバーの一人のお嬢さんが帰神と言うこともあり、彼女を迎えての小宴に12名が参集。国際ジャーナリストで尊敬の念を持って見守っていた彼女が、5月にシンガポールから帰国し、ヘッドハンティングを通じて、転職して東京に戻ってきたとのこと。転職直後の海外出張で、膝を負傷して松葉杖が痛々しい。

 熱い二次会となった。
e0083517_063522.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-07-13 23:57 | 外国語・教養 | Comments(2)
Commented by pico at 2013-07-14 21:39 x
お疲れ様でした。2次会も盛況で疲れた頭を癒してくれました。
それにしても、蝉の抜け殻を見ていると、季節を感じます。
私は急いでいて、目にも止まりませんでした。
Commented by ミッチ at 2013-07-15 01:59 x
picoさん、楽しい二次会になりましたね。チャーミングなゲストが加わると
また格別です。そのインテリジェンスと年配者相手にはきはきとした語り口
は、やはりアメリカ市民権のなせる業でしょうか。