ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

三連休の最終日はファミリーデイ

2013年7月15日(月) 雨のち曇のち晴

 今日が海の日だが、昨日にマリンスケジュールを入れておいて良かった。朝からの雨だがハーバーに向かうのも億劫だったに違いない。金曜日来、自分の趣味的活動が連続していたので、今日はおとなしくして、千時間をファミリーに捧げる。といっても、息子は仕事でいないので、家内だけなのだが。

 いい映画でもやっていれば、と思ってネット検索するが、今はちょうど端境期。「華麗なるギャッツビー」くらいか。ロバート・レッドフォード版は確か大学生時代だったが、見損なっている。今上映中の中では、唯一の選択肢にかかったのだが、もう終盤と見えレイトショーしかない。明日仕事なので、レイトショーは避けたいところだが、どうしても観たいという者がいるので妥協する。

 昼間の時間を縫って買い物ついでにアコーディア甲子園に寄る。時間もないので、30分ほどだが、水曜日のMBSサーキットに備えて少し練習する。真夏にありがたいミスト装置が付いていた。噴霧器よりもさらに細かい水滴なので、濡れることはない。これにサリンを入れられたら、ひとたまりもない。
e0083517_0472418.jpg

 あまり意識することでもないが、見た目になんとなく涼感があるのはいいことである。
e0083517_0474097.jpg

 夕食を済ませて午後九時前上演開始のレイトショーに向かう。大恐慌前のバブル機のニューヨークを舞台にしたこの映画はなかなか見所がある。共演のニック役のトビー・マグワイアとデイジー役のキャリー・マリガンの演技が光る。ディカプリオも頑張っているが、恐らくロバート・レッドフォードの方が適訳だったのではと思われる。今度、前のギャッツビーを借りてこようと思う。

 キャリー・マリガンは28歳とのこと。娘と同い年とはとても思えない。横顔やふとした表情が、あまちゃん(能年玲奈)に似た可愛さがあると思った。
e0083517_101286.jpg
 from Warner Bros.
by yellowtail5a01 | 2013-07-15 23:59 | 娯楽 | Comments(0)