ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

至近距離の落語会

2013年8月7日(水) ほぼ晴

 昨日抜いてしまった奥歯の後処理をどうするか。それが今日の最大のテーマである。予約しておいた2時半に歯医者さんに行くと他の客(患者)はいない。選択肢は、ブリッジか入歯ということになるが、老先生の提案は入れ歯であった。

 こちらの密かな希望と合致していたのでホッとする。しかし、一ヶ月くらいは養生期間をおいた方がいいとのこと。しばらくは歯抜けで頼りないが、この状態でやり過ごそうと思う。

 夜に、ヨット仲間で楽を鑑賞会があったので、いそいそと出掛ける。週末の日曜日にヨットにご招待している中堅噺家、三代目桂春蝶のミニ寄席。用意された25人分くらいの席が開演10分前にはぎゅうぎゅう詰めの満席。
e0083517_23263077.jpg

 二代目春蝶さんはテレビでもお馴染みだったが、実の息子が三代目を継いでいるとは、意外。二題披露されたが、いずれも昔懐かしい人情ネタの「天災」と「一文笛」。どちらも初めて聴くが、いい話であった。
by yellowtail5a01 | 2013-08-07 23:59 | 娯楽 | Comments(0)