ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

30年ぶりのインディ・ジョーンズ

2013年9月15日 (日) 雨

 先週、岸和田のだんじり祭試験曳きに行った際にホストのH氏が熱く語ったユダヤと古代日本の関わりがきになり、ツタヤでインディ・ジョーンズの第一作、「失われたアーク」を借りようと思っていた。それが、なんとなんと西宮ガーデンズのシネマコンプレックスで上映されるという情報を得たので、当然観に行く。

e0083517_20154615.jpg
 30年くらい前に映画館で観たし、その後テレビ放映でも観た記憶があるが、今回はユダヤの三種の神器、聖櫃と日本の神道における類似性を意識してみたので、以前とは全く別の視点がある。

e0083517_2063872.jpg
 真偽のほどはまだわからないが、聖謐と日本の神輿との類似性は疑うべくもない。そうなるとシオン祭と祇園祭の類似性も認めることになるのか。奥が深そうである。
by yellowtail5a01 | 2013-09-15 20:06 | 娯楽 | Comments(6)
Commented by ひーやん at 2013-09-16 12:06 x
凄いでしょう?
鳳凰と担ぐ神輿。これを担いで幕を張って国内を移動したという話とお祭りのおみこし。伊勢神宮が近畿内を移動して今に落ちつき、式年の時に幕を張って社殿まで担いで移動する。
神社や祭りでよく使う”フサ”。これも同じなんです。山伏の頭襟もユダヤと共通。伊勢神宮のカゴメ紋などなど・・
今度、嵐電沿いのミステリーをご案内いたしましょう。
Commented by ue at 2013-09-16 17:36 x
そうですね、祇園祭の山鉾に張り巡らせたゴブラン織をみて、小さいころから異国の雰囲気を感じていました。
 像やキリストの聖書などなどあって、違和感いっぱいのお祭りなんですね。
異国情緒たっぷりの鉾を、人ごみにまぎれて見られない宵山はいけませんね^-^;
僕は京都の観光社寺、祭りはピークを外せがモットーなんです。
Commented by ミッチ at 2013-09-16 23:49 x
ひーやんさん、確かに興味深い世界ですね。これほど符合しているとは思わなかったです。どうやら昔のユダヤ人はもっとアジア的だったとの記載もありました。そうなると同祖論がいよいよ現実味を帯びてくるのか。

山伏の装束もルーツはユダヤですね。カゴメマークも菊のご紋章も共通です。 嵐電沿いのミステリーツアー、楽しみにしています。
Commented by ミッチ at 2013-09-16 23:54 x
ueさん、山鉾に異国の雰囲気を感じておられたんですか。僕は、ゆっくり見たこともないので純日本的なものと思っていました。ユダヤのシオン祭はヘブライ語では濁ってジオン祭というらしいです。しかも、その日付が7月17日とのこと。偶然では済まされなくなってきました。
Commented by ひーやん at 2013-09-17 09:09 x
私のものすごい飛躍した推測ですが、鞍馬の天狗伝説や桃太郎の赤鬼伝説も渡来人ぽくないですか???
こういう夢物語を追っかけて青森までキリストの墓を見にいったことがあります。徐福伝説もユダヤ・キリスト伝説も面白いし、天文学的(日食)な邪馬台国伝説も面白いし、歴史は亜流が楽しいです。
Commented by ミッチ at 2013-09-18 17:39 x
天狗、山伏はユダヤっぽいですね。赤鬼はいろんな昔話に出てくるので違和感はなかったですが、そういわれると異人かな。ただ、日本にやってきた古代ユダヤ人は黄色人種系だったようですね。