ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

午後からの政省令改正説明会

2013年10月2日(水) 曇のち晴

 家内は朝の散歩をパスというが、こちらは体調不良もなく休む理由がないので、予定通り6時15分過ぎに家を出るといい時間。ラジオ体操スタートにきっちり間に合う。

 帰り道に下を見ると西宮市のマンホールの蓋。
e0083517_0364633.jpg

 なぜここに六芒星があるのかという疑問が突如湧いてくる。そう、西宮市の市章は昔からカゴメマーク。歴史が古い分、その昔ユダヤが辿り着いたとしても不思議ではない。蛭子(戎)伝説もそう考えると、奥が深そうである。

 午後はお馴染みの新大阪メルパルクホールで法令改正説明会。昔の仲間にも顔を合わす。説明会自体は、ありきたりで期待もしていないが、昔の仲間、今の仲間と時間とコンテンツを共有できるのがありがたい。終了後はやはり昔から気心の知れた仲間内での飲み会となる。
by yellowtail5a01 | 2013-10-02 23:59 | 仕事 | Comments(6)
Commented by ひーやん at 2013-10-03 10:22 x
面白いですね。西宮の紋が六芒星ですか。元伊勢の六芒星とGHQの指示ともいえる伊勢神宮灯篭の六芒星。どうもフリーメーソンも絡んできそうですね。それとも、伊勢神宮に八咫の鏡を祭らせた崇神天皇とヤマトの卑弥呼とどういう関係だったのか?考えれば奥が深いです。
Commented by pico at 2013-10-04 21:22 x
朝6時に起きるのにも慣れてきました。良い習慣がついて
嬉しいです。でも朝6時と言うと、冬は真っ暗ですね。
ひとりで歩いて行くのは、ちょっと問題かも?
Commented by ミッチ at 2013-10-05 01:55 x
ひーやんさん、なかなか面白い世界に引き込んでいただきありがとうございます。今度お伊勢さんに行くまでにもう少し掘り下げておきたいと思います。特に三種の神器は気になります。
Commented by ミッチ at 2013-10-05 01:57 x
picoさん、まあ様子を見ながら無理のない範囲で続けましょう。男は真っ暗でも大丈夫です。ご主人を連れ出すことですね。
Commented by ひーやん at 2013-10-08 09:39 x
伊勢参拝までに研究してみると面白い題材ですが・・、天照=卑弥呼説が発端となっていますが、神功皇后など強い女性が古事記・日本書紀に度々出てきます。これは、古事記や日本書紀ができた712/720年に在位していた元明天皇・元正天皇は何れも女帝です。女帝を正当化させるために、伝説であったヒミコを天照として書くことで、天皇家の大元が女性であると古事記を作っていったのではないかと推理しますが、いかがでしょうか?
Commented by ミッチ at 2013-10-08 19:06 x
ひーやんさん、勉強不足でなかなか付いていけません。その時代に
女帝が多かったという漠然としたイメージはあるのですが・・・まだ
時間があるので、ボチボチ研究したいと思います。