ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

台風27号のせいで予定が変わる

2013年10月26日(土) 晴ときどき曇

 案じられた台風27号であったが、半ば予想通り南の海上を東進してくれたおかげで、近畿地方には殆ど影響のない結果となった。中止にしたOB・OG会、予定はしていなかったが流れた高校東西合同ゴルフコンペが恨めしい。

 平穏な土曜日を迎え、英語会に出向く。TIMEの方は、日本が今後如何に女性のパワーを活用するか、女性の地位では超後進国をどうするかというHanna Beechのエッセイ。もう一つは、ナチスドイツのことを国として、国民として贖罪感を感じているドイツに関する記事。

 面白いのは、英国BBCが毎年行っている世界16ヶ国における人気国調査の結果。今年は、ドイツがトップで、カナダ、英国、日本と続くらしい。ちょっと気になったので、ネットでリサーチすると、実yは去年は日本がトップだったらしい。去年から今年にかけて、日本がマイナス8ポイント、中国がマイナス9ポイントとのことらしい。

 やはり尖閣諸島問題が国際的にはネガティブに受け止められているようだ。まあ、大した根拠のない調査であるが、今でも日本はそれなりの評価をされていることについては、自信を持っていいと思う。

 雨上がりとあって夙川の流れも水量が多いが、なぜかペットボトルが小滝に絡んでいる。誰が川に捨てたのか腹が立つ。朝、ラジオ体操はウォーキング、ジョギング、犬の散歩に来ている人は、こんなことは絶対しない。
e0083517_20135395.jpg

 先日来、文楽や歌舞伎に接近して、いろいろ分からないことが増えてきた。その一つは、落語の「どうらんの幸助」に出てくる「桂川連理柵」に出てくる連理である。

 インターネットで調べると古くは、白居易の『長恨歌』- 在天願作比翼鳥、在地願為連理枝(天に在りては願わくは比翼の鳥となり、地に在りては願わくは連理の枝とならん)に基づいているらしい。連理比翼はなんとなく聞いたことがある。(当家には無縁であるが・・・)インターネットで連理を検索すると、別々の木が途中から合体することを連理というらしい。しかし、有名な名古屋の城山八幡宮の連理木は、根本が一緒で絡み合っている感じ。
e0083517_2014996.jpg

 似たような木が夙川公園にもあった。果たして、これが連理なのかどうか、ちょっと気になる存在である。
e0083517_20142625.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-10-26 23:59 | 外国語・教養 | Comments(2)
Commented by pico at 2013-10-29 23:17 x
こんな立派なご神木が夙川にあったなんて!
どの辺にあるのですか?
Commented by ミッチ at 2013-11-04 00:58 x
picoさん、これが連理の木とは思えませんが、ご神木になっているのとよく
似ている感じがしました。大井手橋の近辺の左岸だったと思います。