ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

クリスマスツリー現る

2013年11月30日(土) 晴

 午後三時から梅田のHEPホールで劇団レトルトの公演。会社の若手女子が所属する劇団で、この数年欠かさず観に行っているお楽しみの一つ。  昼下がりの梅田に出ると若者が溢れている。こんな時間にHEP界隈に来るのも久しぶりである。
e0083517_02573705.jpg
 公演の方は、なかなか難解で、結局何が言いたかったのかはよくわからない。ただ、言えることは、お目当ての彼女の演技力は、着実に進化している。その確認ができただけで満足である。  夕方に終わったので、少しヨドバシカメラのカメラ売場をうろつき、各社の新製品を確かめる。残念なのはRICOHの存在感がすっかり薄れ、PENTAXも目立たない。RICOH殿お別れの時が近づいている感じは否定できない。  夕闇の迫る頃、ルクアの北面には大きな電飾クリスマスツリー。明日からもう師走である。
e0083517_02574837.jpg
 夙川に戻ってくると、ここにも今日からクリスマスツリー。戦後の荒廃した次期に、アメリカ人のオハラ夫妻がプレゼントしてくれたことに由来する。ご子孫が継続してくれているのか。嬉しい日米の絆の象徴である。
e0083517_02580204.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-11-30 23:59 | 友人・交遊 | Comments(2)
Commented by ひーやん at 2013-12-03 09:13 x
JAZZから芝居までミッチさんの趣味もひろいですね。
ところで、カメラもオーディオもスマートフォンのお蔭?で今やマニア向けの斜陽産業になってしまいました。一眼のミラーレスが出始めると、メカニック的な性能なんてドンドンすたれていきますね。結局は性能より利便性というのでしょうか・・アナログ時代が懐かしいです
Commented by ミッチ at 2013-12-04 11:34 x
ひーやんさん、おっしゃる通り。カメラもオーディオも、仕事もコミュニケーションも
アナログ時代が懐かしいです。でも、もう後戻りはできないですね。この世界で
楽しむより他はないと思います。