ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

クリスマスイブはクラシックコンサートで

2013年12月24日(火) 晴

 お天気はいいが、一段と冷え込み通勤路はコートを着ていても寒い。それでも早朝散歩に慣れてきたせいか、例年ほど寒いとは思わない。

 昼間はもう少しで終わる内部監査の報告書づくりで追われるが、終業までに一通り格好を付けて会社を飛び出す。クラシックファンの英語仲間から誘われたクラシックのクリスマスコンサートが三宮であるという。なんでも元西宮芸文センターの楽団メンバーで今はフリーで活動中という29才の美形チェリスト。

 チェロは、「風のガーデン」や「北の国から」ですっかりファンになっているので、渡りに舟とばかりに乗ったものである。家でのクリスマス夕食はもう済ませたので、動きやすい。

 相棒にお任せ気分で軽く夕食を一緒にしたあと会場に向かう。なんとなんと12月に入って二度も行っている英国風パブ「ホブゴブリン」と同じビルの最上階である。大きな窓で見晴らしのいい会場は席数にして30席くらいか。詰め込めば40人以上のパーティもできそうな空間。
e0083517_01051663.jpg
 グランドピアノ置いても狭く感じないステージになっている。どうやらクラシック専用のミニホールのようである。客層も下の英国パブやジャズライブハウスとはまったく異なる。自分としてはあまり居心地がいいとも思えないが、相棒は芸文の定演会員でPAC楽団については詳しい。

 チェロは奥田なな子さん、伴奏ピアノは鈴木華重子さん。
e0083517_01054122.jpg
 一部は純粋クラシック。ベートーベンのチェロソナタ三番。
e0083517_01061527.jpg
 長い目のインターミッションを挟んだ後はクラシック的クリスマス曲集。コスチュームも少し変わる。
e0083517_01081059.jpg
 芸文時代の仲間のヴァイオリン、ビオラ、トランペットも加わる。ヴァイオリンは高山佳南子さん、トランペットは林辰則さん、ビオラは相棒は知っていたがフライヤーには載っていなくて不明。
e0083517_01073133.jpg
    高山さんは小柄で童顔で可愛いタイプ。他の演奏者は皆さん大柄で圧倒されそう。
e0083517_01083195.jpg
   ビオラの方も現役の芸文PACメンバーとのこと。
e0083517_01092282.jpg
 最後は、やはり芸文PACメンバーでクラリネット奏者のカルメンさんが飛び入り。クラリネットならぬ鈴とタンバリンでクリスマスムードが盛り上がった。お陰様で上品で優雅なクリスマスイブを楽しむことができた。
e0083517_01094086.jpg

by yellowtail5a01 | 2013-12-24 23:59 | 音楽 | Comments(0)