ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

朝からバタバタの一日となり、ゴルフキャンセルは大正解

2014年2月13日(木) 晴

 ゴルフはなくなったので、安心して母の通院付き添いをできると思っていたところ、家内の不調はひどくなってきたようで、医者に行きたいという。朝一は時間があるので、かかりつけの近所の医院で診てもらうと、超音波診断ではお腹の痛みを特定できないので、CTの設備のある病院で念のため検査を受けるようにと紹介状を書いていただく。

 母の通院にはまだ少し時間があるので、その足でS病院に向かう。本人は、「しんどいので家で休みたい」とのたまうが、速くCT検査を受けた方がいいに決まっている。取りあえず病院に入れて、母の施設に向かうとジャストオンタイム。こちらも遅い時刻の予約だったので、待たされるが、小一時間で完了できやれやれ。

 取って返してS病院に向かうと、CT検査の診断結果が先生から説明のあるところであった。なんでも大腸の後半に炎症の様子があり、入院して経過観察、検査の必要があるようである。さっそくの入院手続きとなり、まあ、これで少し安心はできる。

 病名告知に対する意向書やいろいろと恐ろしい書類にも家族としての署名を求められるが、昨今の医療事情からすればこれは避けられない儀式のようだ。当面舌咽絶食で点滴のみの生活になるようだが、自分も13年前に胃潰瘍でこの病院に入院した時はおんなじだった。絶食明けに飲んだ病院の味噌汁がなんと美味しいと思われたことか。

 用心を見ての入院ということなので、心配はないと思うが、こちらの生活はまた変化しそうである。このところ毎年入院を繰り返しているので、慣れていると言えば慣れているのだが、家事をすべて一人でこなすのはちょっと面倒な気もする。自分一人だけなら気楽この上ないが、息子の食事と洗濯も三人分引き受けるとなると結構面倒である。

 昨年購入した蠟梅の鉢植えもようやく花を咲かし始めた。購入した時に比べると多少の枝は出ているが、まだまだストレート。来年はまともな枝ぶりに育てたい。
e0083517_17144447.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-13 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)