ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

雪が降ると心が躍るのはなぜか

2014年2月14日(金) 雪のち曇り

 またまた先週と同じような週末の気圧配置で、関西も関東も大雪とのこと。関東ほどではないが、朝から雪が舞い、午前中はかなりの降雪。通勤途上もカメラを離せない。
e0083517_17244714.jpg

 事業部のフロアに行くと若手がテンション高まっている。雪だるまをつくりたいとか、雪合戦しようとか午前中からの盛り上がり。気持ちはよくわかる。昼休みになって食堂からの帰りに、4階の窓を開いて下を見ると解けかけの雪の幾何学模様。
e0083517_1725410.jpg

 雪だるまの製作者は、朝からはしゃいでいた若手女子三人組に違いない。
e0083517_172519100.jpg

 シャーベット状になった道路だが、散歩せずにはおられない。いつもの川沿いの桜の梢も初めて見る光景となった。
e0083517_17254456.jpg

 寒椿に雪というのもおつなもの。
e0083517_1726252.jpg

 夜は、梅田で和学講座の本年二回目があるので、7時に間に合うように向かう。前回と同じく山本能楽堂プレゼンツの能についてのお話だが、今回のはあまりにもPR色が強すぎて、少し引いてしまったのは自分だけか。講演料は取ってもいいので、もう少し中身のある講座にして欲しいものである。アンケートには率直なところを書いておいた。まあ、一度は訪ねてみたいとは思うのではあるが。
by yellowtail5a01 | 2014-02-14 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)