ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

難解なオバマ記事とタイムリーなウクライナ記事

2014年2月22日(土) 晴

 前回は富山出張で欠席となった英語会であるが、今回は一通りの予習を終えて出席する。TIME記事の中でも難解なエッセィ記事は、オバマ大統領の一般教書演説について。骨のある英語だったが、疑問点がかなり解明される。

 二つ目のウクライナ記事は二週間前にこれを選んだ今日のコーディネーターは先見の明があったようである。ウクライナにとっては不幸なことである。ソチ五輪中ということで、ロシアの介入も控えられているようだが、五輪が終わるとどうなることやら。

 法律英語は、今回も映画ベースの勉強会。「紳士協定」というグレゴリーペックの反ユダヤ主義を正面から捉えた当時の問題作。制作は1947年でアカデミー賞を受賞しているが、日本での公開は40年後の1987年になってからとのこと。

 先生は、セルビア人の女性、ニニッツさん。ネイティブでもないのに英語も日本語も上手。しかも、日本の歴史や制度についてもよく勉強している。ブラジル人のアンジェリーナさんもそうであるが、本当にしっかりした女性が多いものだと感心させられる。

 閑話休題、去年購入した蠟梅がようやく六分咲き。この木は早く大きく育てて身長よりも高くしたいものである。
e0083517_365739.jpg

 木は小さいし、花の数も限られているが、香りは立派な蠟梅である。
e0083517_37202.jpg

 ビオラも大分綺麗に咲き出した。これからしばらくが楽しみの時期となりそうである。
e0083517_373556.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-02-22 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)