ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

一ヶ月ぶりの英語会

2014年3月22日(土) 晴

 春らしいお天気となり、気分は上々。英語会例会に気持ちよく臨む。といっても、午前中はキャサリン・ケネディ大使の記事とジョン・F・ケネディのプレスとの会合におけるスピーチと格闘する。イルカ追い込み漁において、少しヒステリックな対応をして、キャサリンに対する日本人の評価は相当落ちたようであるが、これまでの大使に比べると、まだ愛着感を感じる。

 とりわけ、目を引いたのは、昨年夏のワシントン大行進イベントでのスピーチで、日本の古い諺としてキャサリンが引用した、"The water flows on, but the river remains."というくだりである。「そんな諺ってあったっけ?」と思う。

 ニュアンス的には、方丈記の出だしの、「ゆく川の水は絶えずして、しかも元の水にあらず。」に近い。しかし、これは諺ではない。どのようなところから引用したのか、ちょっと謎めいている。意図するところは同じであろう。

 後半の法律英語のテーマは、映画、グリーンマイル。三時間の長編映画を気合を入れて二回も観られるというのは、勉強会のおかげと言うしかない。芦屋市民ホールにはもう木蓮の花が満開だった。
e0083517_18501582.jpg

e0083517_18502870.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-03-22 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)