ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

枯葉散ったけどまだ「枯葉」にチャレンジ

2005年12月15日(木) 晴のち雨のち晴

 今日はピアノのレッスン日。せっかく2週間もあったのに練習できていない。言い訳になるが意外と練習できる時間は少ない。まず、朝の九時より前はできないし、午前の相場と午後の相場の合間は一時間半。裕子と一緒にCOOPに買い物に行ったり昼食の手伝い(最近は任されているような気もするが)をして食事をするとあっという間に12時半。場中は常に常に何かをしているわけではないが、パソコンディスプレーの前からは離れずらい。3時以降はここのところ二輪教習、買い物付き合い、ゴルフ練習などが優先し、ピアノまで行かない。夜はもちろんご近所迷惑である。

 というわけで、これまでも空いた時間に少し性根を入れてやったのは「枯葉」のみ。簡単なアレンジなので、もういい加減に全部暗譜してしまわないといけない。90%は何とか格好がついたかと思うが、リズムボックスのMDに合わせてやろうとするとどこかで遅れてしまい、しっちゃかめっちゃかになってしまう。

 レッスン本番でもやはり同じことが起こる。一回パニクるとよほど自信のある部分に来るまでは元のレールの戻ることが出来ない。「来週で仕上げるようにしましょうか」とA倉先生は優しい。来週こそは「バッチリですね」と褒めてもらえるところまで練習して行こう。次の練習曲は「デイバイデイ」。曲は悪くない。アドリブっぽいところも入っていて、これをこなせればちょっと楽しそう。先生の模範演奏にうっとりと聞きほれる。

 元町商店街に出るとアーケードはいいのだが、大丸前を見ると雨だ。せっかくルミナリエなのに雨とは。去年はO田さんと24日に、共通の知り合いの女性(名前忘れた)とルミナリエを素通りしてジャズライブに行こうと計画したが1時間半ぐらい並んでも元町駅前からグルグルと迂回して大丸前までにもこられない。サテンドールYOSHIKAライブが優先だったので、ルミナリエのルの部分も拝めないまま途中断念したのを覚えている。もう一年がたつのだ、あれから。

 「ルミナリエって本当にいったいどういう意味があるんだろう」と毎年思うが、この忘年会の季節に一年を振り返るきっかけを与えてくれる点では意味があるかな。それと、「行って見よう」という気持ちにさせてくれるところがいいのかもしれない。行くのならいつ、誰と、その後何を食べようとか一つのきっかけを与えてくれるような気がする。今日は平日で雨ということもあり、人出はそこそこ。毎年、「今年が最後」みたいな噂がでるが、雨の平日でもこれだけ人が来るんだから、きっと来年も再来年もやるのだろうな。それならそれで毎年元気に来たいものである。誰と来るかが問題だけど・・・

Photo:2005ルミナリエショット(P901iS)
e0083517_16343581.jpg

by yellowtail5a01 | 2005-12-16 16:36 | Comments(0)