ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

傘寿のパーティ

2014年6月15日(日) 晴 歩数:8460歩、しっかり歩き:1217歩

 やはり朝の散歩は大事だと思う。ゴルフなど行くと歩数は、15000歩を超えることがあってもしっかり歩きはゼロ。ある程度の速度で10分以上継続して歩かないと、しっかり歩きにはカウントされない。

 このところさぼっていたラジオ体操散歩に出向く。梅雨の真っ最中というのに、ここ阪神地方はほとんどお湿りもなく、夙川沿いの紫陽花が干からびかけている。毎日の雨はいやだが、せめて夜の間にでもお湿りが欲しいものである。今朝はいつもと違う帰り道を散歩していると、マグノリア公園というのを発見。立派なタイサンボクが花を咲かせていた。
e0083517_21241280.jpg
 知らない道を歩くとカシワバアジサイの白い花もあちらこちらの家で栽培されている。アマゾンで発注した苗木が届けば、今年は無理にしても来年は花を楽しめそう。

 ワールドカップの第一戦もあるし、サントリーレディズの最終日もあり、スポーツイベントが気がかりだが、今日はかねて招待されていた友人の傘寿パーティ。主催は、当然ご本人ではなく、そのお嬢様と息子様。プロジャーナリストのお嬢様には、英語の会に何度かゲストスピーカーとして来てもらっている。そんなよしみもあり、英語会メンバー数名が招待されたものである。

 JR芦屋駅前の竹園ホテルで12時からのパーティ。ドレスコードはカジュアルで、とあったが、やはりネクタイはしていくべきとの先輩の助言もあったので、この夏初めてのネクタイを締める。50人近くの出席者の8割がたは着飾った芦屋マダムで、その年齢層が幅広い。8名ほどの男性陣は後期高齢者組がほとんどで、息子さんを除けば自分が最年少か。
e0083517_21431991.jpg
 三時間弱のパーティだったが、本当にほのぼのとした楽しい日曜の昼下がりを満喫させていただいた。自分が傘寿まで生きていたとして、こんなイベントをしてもらえるのか。今の生き方、家族との接し方次第なのか。
e0083517_21454340.jpg
 父の日は、誕生日と合体されるのが毎年の恒例なので、娘からのプレゼントは月末の楽しみにしておこうとおもっていた。が、先ほど帰宅した息子が、涼風グッズということで、涼感シーツと冷凍ジョッキを父の日プレゼントにくれた。なんたるサプライズ!小学校低学年の頃の「お手伝い券」以来か。素直にうれしい。今日は、いい日だったと思う。サッカーは別として。

by yellowtail5a01 | 2014-06-15 21:44 | 友人・交遊 | Comments(2)
Commented by pico at 2014-06-16 22:23 x
いい日でしたね。素敵な傘寿ですね。彼女の様に年を重ねたいものです。
私もこんな傘寿がむかえたい。
Commented by ミッチ at 2014-06-19 01:47 x
picoさん、傘寿になってもあのように頭脳明晰、言語明瞭、凛としたS様は
誠にシニアの鑑です。私も生きておればpicoさんの傘寿会に声を掛けてください。