ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

梅雨明けが待ち遠しい蒸し暑さ

2014年7月14日(月) 雨のち曇

 待ち遠しい梅雨明けだが、明けたら明けたで本格的な猛暑日が来ると思うと気が重い。できることならこの季節、信州や北海道、あるいははたまた南半球に疎開したいところだが、そうも行かない。

 雨の中、傘をさして会社に向かう。道中アメンボウはいるが、絵になりそうもない。天気は鬱陶しいが、仕事の方は捗り、一週間前倒しで役所への報告書が出来上がる。報告期限は7月末だが、月半ば前に完成して送付まで漕ぎ着けたのは過去八年間で最短となった。

 夕方に社長に報告して押印をいただいて完了。少しホッと一息つけた。定時退社する頃には雨も上がり、気分がいい。家に着くと西の空が赤い。きっと夕焼けだと直感して障子と窓を開けると西の空が光っていた。
e0083517_23531500.jpg
 刻々と色が深まっていく。この夕焼けは梅雨明けに繋がるのだろうか。
e0083517_23532473.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-07-14 23:54 | 自然・季節 | Comments(2)
Commented by 春瑠 at 2014-07-15 00:43 x
また奇遇ですよ。同じ夕焼け撮りました~!
ミッチさんところから見える「西」は明石です☆
明日載せます、見て下さいね。百恵ちゃんもね。
Commented by ミッチ at 2014-07-15 19:15 x
春瑠さん、同じ夕焼けなのか別の夕焼けなのかは正直言って
よくわかりませんが、同じ時間帯ですね。僕が見たのは明石の
空、あなたが見たのは相生の空でしょうか。何人の人々がこの
夕空に感動されたのかを考えると、ちょっとグッときますね。