ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

二十数年ぶりの熱帯魚

2014年9月22日(月) 晴

 あれは上の子が小学校の三年生になった頃だったであろうか。「子供のため」と家内と自分に言い訳をして、自分が子供の頃に果たせなかった夢をいくつか実現した。ファミリーキャンプ、天体望遠鏡、熱帯魚飼育が、その中でもコストのかかった部類である。

 熱帯魚は60㎝水槽二つ並べた時期もあったが、子供が成長して興味の対象がサッカーに移って行った頃には寝室に移動して、ベッドのすぐ横に置いて癒しとしたものであった。その水槽も平成七年一月一七日未明の大震災で出窓とベッドの隙間に落下して粉々になってしまった。もう少し勢いよく飛んできたらこちらの脚が粉々になっていたかも知れない。

 それ以来熱帯魚とは無縁の生活だったが、息子も一人暮らしの間に熱帯魚通となり、転勤でこちらに戻ってきたときに水槽や付帯設備一式を持って帰ってきた。

 一年半以上放ったらかしだったのが、何を思ったのか、「玄関の下駄箱の上使っていい?」と言い出したのが九月に入った頃。勿論異存はないので、OKして楽しみにしていたところ、二週間ほど水を張っただけで循環していたが、砂が入り、小さい魚とエビが入り、今日勤務から戻ってくると水草も植えつけられていた。玄関入った所に癒しの空間があるのはいいことだ。

 魚はネオンテトラ。これは水質チェック用で本命ではないとのこと。いったい本命は何を考えているのか楽しみが増えてきた。
e0083517_10195854.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-09-22 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)