ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

’60年代、’70年代のサウンドに再開!

2014年10月3日(金)曇時々雨

 先日ゴルフ友達から、「これ面白いよ!(*^.^*)」と推薦を受けていた”Jersey Boys"。家内にも一応声を掛けるが、あまり興味はないようである。なら、一人で出かけさせてもらう。
e0083517_22433993.jpg
 中学の頃に独特のサウンド、ハーモニィが耳に残っているFour Seasonsのサクセス(?)ストーリーをクリント・イーストウッドが映画化したものだ。

 デビューソングの「シェリー」は、強烈に記憶に留まっている。もっと身近な曲は、「君の瞳に恋してる(Can't take my eyes off you)」である。こちらはなんとなく織田裕二のドラマか映画のイメージが強いが、60年代から70年代の名曲で、いろんな人のカバーでも耳に馴染んでいる。

 この名曲の生まれた背景というのが、どうやらこの映画のメインテーマと受け止めた。最愛の娘を亡くしたフランキーが復活のきっかけとなった曲。涙を流しながら映画と一緒に口ずさむ。これはレパートリー曲に取り込みたいところだが、フランキー・バリのキーではあまりに高すぎるようだ。

 平日の昼下がりのスクリーン7は、ガランとしているが、同じような世代の観客多い。それもカップルはほとんどいなくて、自分と同じように一人で観に来ている老人が多い。やはり夫婦といえども音楽の趣味は異なるのだろうと妙な納得感に支配される。
e0083517_22435718.jpg

by yellowtail5a01 | 2014-10-03 23:47 | 音楽 | Comments(6)
Commented by 春瑠 at 2014-10-04 00:58 x
どこでいつまでやっていますか☆
大好きな曲ばっかし~♪
しかし「独りで観に来ている老人」!!?は嫌です。。。。。
そういえば、前の座席の人みんな後頭部が丸く光っている。。。
Commented by Dr.K at 2014-10-04 08:29 x
ミッチ!
私も大ファンです。
レコードも持っていました。
近日中に視察してまいります。
情報ありがとうございます。
Commented by ミッチ at 2014-10-05 10:19 x
春瑠さん、どこでもやっていると思います。僕は一番近い西宮ガーデンズの
東宝系シネコンで観ました。後頭部が光るのは加齢の故、不可避です。
照明が落ちて本編がスタートれば気にならなくなります。(笑)
Commented by ミッチ at 2014-10-05 10:20 x
Dr.K、あの頃の洋楽はいいのがたくさんありましたね。ラジオで
聴くからよく覚えているのかなぁ。
Commented by fundmoneyじゃん at 2014-10-13 00:57 x
いわゆる「オールディーズ」といわれている1960年代の洋楽ですね。「ジョニーエンジェル ワンボーイ アイドルをさがせ ヘイ・ポーラ ローハイド この胸のときめきを」いい歌がたくさんありました。OLDIES BUT GOODIES・・・古いけど良い音楽
Commented by ミッチ at 2014-10-14 16:42 x
じゃんさん、あの頃の音楽にはいいのがたくさんありましたね。曲その物や
歌い手が良かったのか、或いはこちらの年代が多感な年ごろだったからか。
多分後者のような気がします。(笑)