ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

国立民族博物館で映画鑑賞

2014年11月9日(日) 雨

 ヨットクルーズという選択肢もあったが、おなじクルー仲間のH氏からのお誘いもあり、昼は万博記念公園横の民博で三ヶ月に一度の映画鑑賞会に参加する。公演を横切って民博に向かうが、入場料も込みで400円程度はありがたい。
e0083517_01023270.jpg
 H君はこの催しのファンで、以前にも「シリアの花嫁」という味わい深い映画を紹介してもらった。今回の「海と大陸」という映画も民族の葛藤を描いた優れた映画だった。
e0083517_01392349.jpg
 舞台はイタリア最南端の地中海の孤島。漁業が廃れてきて観光産業に特化しようとしているが、ここにはアフリカ大陸からヨーロッパ大陸を目指して密航してくる黒人が後を絶たない。法は密航者支援を禁じているが、海の男にとっては、溺れる者を見捨てるのは掟に反する。

 お互いに貧しくてギリギリの線で命を繋いでいる敵対者に芽生える情愛。ヒューマニティ溢れる映画で、エスニックな問題に注目せずとも映画として傑作の一つだと思われる。このような映画がもっとガーデンズのシネコンにやって来て欲しいものである。
e0083517_01390696.jpg
 映画の余韻も冷めやらぬまま、民博の展示を楽しむ。民博ならでは国内外の展示。話が弾む。
e0083517_01025063.jpg
 民博を後にして次の会場に向かう。20代後半を共に過ごした仲間が八人集まるプチ同窓会。二週間振り、1年振り、3年振り、20年振り、初対面とさまざまだが、その昔同じ時間と空間を共有した懐かしさにしばし時を忘れる。すべてH君のアレンジで感謝にたえない。 

by yellowtail5a01 | 2014-11-09 23:59 | 友人・交遊 | Comments(4)
Commented by ひーやん at 2014-11-13 17:55 x
民博いいですよね。ここにいると何時間でも飽きないのですが、子供らはお面のトラウマがあるようです。
また、Hさん紹介のコアな映画ですね。
コアな映画というと、”ニンフォマニアック”なんてご覧になりましたか?
Commented by ミッチ at 2014-11-13 22:05 x
確かにお面は怖いのがありますね。僕も子供の頃、般若のお面が苦手でした。H氏は獅子舞がトラウマとか。皆それぞれですね。

ニンフォマニアック、比較的新しいデンマーク映画なんですね。エロティックな映画のようですが、ポジティブな批評が多いようで、興味をそそられます。
Commented by ひーやん at 2014-11-13 22:29 x
主演女優の親父が、あのゲンスブールです。親子で凄いエロチックですね。VOL1と2で4時間完結だそうです。
Commented by ミッチ at 2014-11-16 02:27 x
ひーやんさん、「あのゲンスブール」と言われてもわからなかったですが、
ネットで調べて知りました。キワモノ映画のようなきもしますが。機会を
見つけて観ておきたいと思います。