ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

本年最後の英語デー

2014年12月20日(土)雨のち曇

 なにせ昨日ガンガン頭の痛む状態で未明に帰宅し、2、3時間は寝た計算だが、二日酔いは仕方がない。飲み放題はふつう1.5時間か長くて2.5時間までだが、昨日は5時間くらい飲み放題で、さすがに飲み過ぎは否めない。もう若くないのだから自分でコントロールしないいけないと痛感する。酔いつぶれた友には申し訳ないが。

 なんとかタイム記事の方は午前中に予習完了できて安泰だが、法律英語の映画を観る時間は残らなかった。タイムのテーマは、wearable fitness devicesということで、iPhoneで一年前からSleep Cycleを経験している自分にとっては得意ジャンル。まずまず読み込める。

 一方、"Nothing, but the truth"という課題映画は、二週間前の初見しかなく、宿題のクエスチョネアーも手付かず。アメリカのスパイ、ジャーナリスト、表現の自由、裁判制度など、興味深い視点はてんこ盛りだが、消化不良この上ない。こんな状態でクラスに臨むのは無謀だが、今回は已むを得ない。夜の忘年会もあるので、さぼるわけにもいかない。

 激しい雨の続いた午後だったが、クラスが終わる頃には夕焼けもでて、フレンチレストランでの忘年会を祝福してくれる。
e0083517_06254514.jpg
 例年はこの会の会長が率いるギターアンサンブルの演奏を聴きながらのX'masパーティだが、今回はレストランでのX'masパーティ兼忘年会。18名が美味しいフレンチコースとワインを存分に楽しむ。
e0083517_06261612.jpg
 この後は、有志9人でまたまた二次会ジャンカラへ。以前は幹事役に徹し、マイクを積極的に握ることは少なかった自分だが、歌好きの小学校友達とよく付き合うようになってから、影響を受けたのかマイクを握る回数が増えたことを自覚する。その顔触れにもよるが、もう少し控え目にした方が自分の信条に合致するものと思う。

by yellowtail5a01 | 2014-12-20 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)