ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

さくら夙川駅前の発展は如何に

2015年2月2日(月)晴

 節分を前にして、今冬一番の冷え込みではなかろうか。会社の中でも外でもとにかく寒い。寒さに慣れたはずの身体が縮み上がる。

 昼間は業務に集中して、なんとか監査報告書だけは恰好をつけるが、また木曜日にもシステム改善案に頑張らないと追いつかない。まじめに働いて結構くたびれて、さくら夙川の改札を出ると、駅前に新しいビルディングが覆いを取ってデビュー。
e0083517_00571173.jpg
 ステーションビルディングとは、ひねりも洒落もないずいぶん安直なネーミングだが、ようやく新しい駅前ビルができたことは素直に嬉しい。で、その一階にはどうやらセブンイレブンができる気配。二階より上はどんな態様になるのかも気になるところである。
e0083517_00572152.jpg
 まあ、既存のローソンプラスと競争関係ができて、消費者としては大歓迎なのではあるが、どんな競争が生まれるのか楽しみである。価格的にはガチンコ競争はできないだろうから、品ぞろえ、雰囲気、サービスの競争となるのか。コーヒーとおでんの出汁も競争ファクターである。

 競争法を一時期担当した身としては、興味津々。その昔、新進気鋭だった白石忠志東大教授の独占禁止法教科書にあったケーキ屋さんの競争寓話を思い出す。懐かしい。
e0083517_00574847.jpg


by yellowtail5a01 | 2015-02-02 23:59 | ひとりごと | Comments(0)