ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

久しぶりの内科医受信

2015年2月10日(火)晴

 昨日からの喉の痛みと痰は悪化しており、声も出しにくい。金曜日の初クライアント訪問で三時間喋りっぱなしになるのだが、このままでは聞き苦しいことになりそう。苦しいときの医者頼みで、近所の医院に駆け込む。

 「声が出ないと本人も苦しいが、聴衆に気を使わせるから頑張って良くしてください。」とのことで、4種類の薬を処方いただく。母の見舞いにも行きたいところだが、悪い菌を持ち込んだら大変なので自重。

 おとなしく暖かい部屋でのんびり過ごす。友人に薦められて借りてきていたDVD鑑賞日とする。自分としては珍しいインド映画。インド映画というと独特の歌と踊りがふんだんに出てくるゴチャゴチャ映画という先入観があるが、これは名作だった。
e0083517_22123065.jpg
 タイトルは、Madam In New York。平凡な良妻賢母のインドの妻が、姪の結婚式に出るために家族より一足早くニューヨークに行き、英語ができないことで屈辱を味わいつつも、英語クラスに通うことにより、自分に自信を見出していき、これまで見下されてきた亭主や娘に一矢報いるというストーリー。女性視点で観ると痛快だろうと思われる。

 映画に散りばめられた人間模様、家族、親族、友達、淡い恋人。これらが織りなすエピソードの一つ一つに味わいがある。
e0083517_22123894.jpg
 最大のクライマックスは、姪の結婚式での英語のスピーチ。たどたどしくはあるが、中身は涙なくしてきけない。
e0083517_22124947.jpg
 いい映画を観させてもらった。これを紹介してくれたMさんに感謝。
(Photo from 映画.com)

by yellowtail5a01 | 2015-02-10 23:59 | 娯楽 | Comments(0)