ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

タイムを読む会大盛況

2015年6月13日(土)晴

 お天気がいいので、英語をサボって六甲国際に行きたいという衝動もあったが、中途半端に予習もしていたので意を決して芦屋市民センターに向かう。

 いつも通り10分前に教室に入った時点で結構出席者がおおいなぁという感じだったが、遅れてきた人も入れると22人が出席。25人は入れる大き目の教室が取れていたからよかったが、以前の20人用の教室なら完全にオーバーフロー。

 メインのテーマは、パナマ運河の拡張工事について。今では通行不可な大型LNGタンカーやコンテナ船が通れるようになるという。パナマ運河って、日本にはあまり関係ないだろうと思っていたが、関係大有りらしい。

 アメリカのシェールガス革命で産油国の概念がすっかり変わり、日本は安いシェールガスLNGを大量にテキサスから持ち帰らないといけないらしい。パナマ運河を通れない現在は、大西洋を下り喜望峰経由でインド洋経由で帰って来るかスエズ運河、ホルムズ海峡経由で帰ってくる。

 パナマ運河が拡張され日本の大型タンカーも通れるようになるとぐんと近くなり、喜望峰回りに比べ20日、スエズ経由に比べても10日は短縮でき、コスト削減効果が大きい。英語的には癖のある部分も多く、すっきりしないところもあったが、意識をしていなかった状況がよくわかり勉強になった。

 あとは断片的なオバマとサウジ関係、イギリスのキャメロン勝利とEU離脱国民投票の行方、ヒラリーの選挙キャンペーン状況の記事だった。最後のヒラリー記事は完全に予習不足だったが、時間切れで自分まで回ってこなかったので、正直ホッとする。

 二次会にも14人が流れ、暑気払い宴会でもないのに勉強会・飲み会とも大盛況。いつもの焼き鳥まさやには入りそうもないので、魚民に急きょ変更。白木屋から代わって座敷も掘りごたつとなり、楽になった。
e0083517_18453997.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-06-13 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)