ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

しんどいけれど充実の英語勉強会

2015年9月26日(土) 晴

 月に二回だが貴重な英語勉強会。第二土曜日は長文のタイム記事に翻弄されるが、第四土曜日はタイム記事は短いが法律英語の準備も必要。予習時間的には幾分気が楽だが、内容的には結構ハードである。

 昼下がりに家を出ると、まだまだ暑い。それでも芦屋市民センター・ルナホールの壁にまつわるアイビーの葉には秋の訪れが感じられる。
e0083517_23334402.jpg
 タイムの記事は「プーチンサークル」。ウクライナ騒動をきっかけにロシア指導部のリベラル派が粛清され、西側に対しての強硬派ばかりが重用され、ロシア指導部はパラノイア状況という記事である。当面プーチンを批判、ましてや打倒を企てるような勢力の勃興は許されない仕組みが出来上がっており、プーチンの独裁はまだまだ続くようだ。

 北朝鮮のみならず、中国もロシアも独裁政権の支配力がますます高まり、この先の国際情勢はどうなるのか大いに気になるところである。

 法律英語の方は、東京オリンピックのエンブレム問題。自分も含めて皆さんが持ち寄る情報は、"according to the web cite"ということになるのだが、この問題の根本的問題は、ロゴ選考委員と佐野氏の密接な関係にありそうだということがディスカッションを通じて明確になった。

 論点は沢山ありそうだが、この問題に関して一番責任が重いのは誰なのだろう。お金の流れがどのようになっているのか、このようなコンペティションにおける談合体質が解明されなければならないのであろう。

by yellowtail5a01 | 2015-09-26 23:53 | 外国語・教養 | Comments(0)