ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

シリア難民と欧州の事情について掘り下げる

2015年10月10日(土)うす曇り

 三連休の初日ということで、出席者が少ないかと思われたタイムを読む会だが、18人くらいは集まっただろうか。量的にも適量で3記事中難解箇所が多かったのは一つだけで、あとの二つは言っても楽だった。予習不足ではあったが、何とかついて行けた。
e0083517_11172645.jpg
 いつもより早く終わったので、喜んで焼き鳥屋二次会になだれ込むところだが、友人の妹さんご夫妻が甲子園口でやっておられる「アートスペース萌芽」で開催中の版画展とクラシックのコンサートにご招待いただいていた。家内も行きたいというので、いったん家に帰って車で行く。

 夕食は、ヨットオーナーの同窓生が経営している「にし金」さん。うどん屋さんだが、いよいよ来週末には閉店なので、最後のチャンスと思い、ジンジャーうどんを注文。家内はカモうどん。いつも自分より高いものを注文するのが習い性になっているが、誕生日翌日ということで何も言うまいぞ。
e0083517_11165189.jpg
 ふんだんにしょうがの入ったあんの出汁で温まって、萌芽に向かう。幸いすぐ近くにコイン駐車場があるので楽勝である。夜に来るのは初めてだが、外からガラス越しに観るギャラリーも味わいがある。
e0083517_11170791.jpg
 その上の階に九月末にこけら落としとなった音楽スペース。
e0083517_11171663.jpg
 グランドピアノ中心にステージゾーンと観客ゾーンが同じフロアを共有。50人は収容できるようだ。欧州留学から帰国したばかりという女性奏者二人によるベルギー、フランスの作曲家の曲が披露される。

 江川友梨さん(ヴァイオリン)、辰村千花さん(ピアノ)。フランクのヴァイオリンとピアノのためのソナタという最後の曲が特に感動的であった。ヴァイオリンを鼻の先120㎝の近さで聴くのも初めての体験だった。

 インターミッションでワインがふるまわれ、終わってからも軽食とビール、ワインが用意され、余韻に浸りつつ演奏者とお話をできたり、友人の妹さん、ご主人、ピアニストのお嬢様と談笑できて快適な時間と空間だった。来月もまた来たいものである。ただし、電車で来ることを心がけようと思う。

by yellowtail5a01 | 2015-10-10 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)