ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

米朝一門会落語に出向く

2015年11月29日(日) 晴

 九月ころに高校同窓有志と会った時に落語の話が出て成立したアミティホールでの落語会。桂米團治をトリとする米朝一門会である。
e0083517_02051892.jpg
 朝日放送が主催のようだが、米朝師匠が健在な頃から朝日との関係は深かったような雰囲気が感じ取られる。前座は若手の桂慶治朗の「子褒め」、桂そうばの「親子酒」、桂南天の「一文笛」。いずれも何度も聞いているネタである。

 中入りを挟んで桂紅雀の「宿替」。これは枝雀の弟子らしい演出だが、枝雀にはまだまだ及ばない。大トリの桂米團治は「蔵丁稚」。これは初めて聞くネタだった。米團治の歌舞伎修行には目を見張るものがあった。
e0083517_23450482.jpg
 落語会がはねてからは、近所の鳥半へ。まずまずリーゾナブルな値段でなかなか美味しいものを出してくれる。アボカドユッケも逸品の一つ。
e0083517_02053007.jpg

by yellowtail5a01 | 2015-11-30 02:24 | 友人・交遊 | Comments(0)