ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

31分の1の確率の悲劇

2015年12月3日(木) 雨のち曇

 最終仕上げ工事日だったが、雨のため明日に順延。昼前には孫を連れて娘が帰宅する予定だったが、これも一週間ほど先に順延となる。幸か不幸か土曜日の英語勉強会の予習時間が足りないので、今日中にできるだけ片付けようと思い立ち、市立図書館の自習室に向かう。少し遠回りだが喧騒のない夙川沿いのオアシスロードを歩いて向かう。
e0083517_16222158.jpg
 中学の時の通学路であった。もっともその頃は入学祝に買ってもらったスピードメーター付きの自転車でしか通ったことがない。ところどころに紅葉しつつある楓も観られる。今年の紅葉は何と遅いことかとあらためて知る。
e0083517_16214873.jpg
 この様子なら明日の京都フォトウォークでは、名残の紅葉を期待できるかもしれない。歩きながらいろんなことを考えながら進むと、25分ほどで図書館に到着。さぁ、頑張るぞと思って通用口から入ろうとするとロックされている。正門に回り、ガードマンに文句を言おうと思っていると、正門もクローズド。

 「今日は休館日です。」と年配のガードマンが申し訳なさそうに言う。閉鎖されたドアを見ると「第一木曜休館」とあった。あちゃー、知らんかった。骨折り損のくたびれ儲けとはこのこと。帰りはクルマがうるさい最短ルートを歩いて帰る。まあ、万歩達成には貢献できたと考えれば、それも悪くない。ロスタイムは悔しいが。

by yellowtail5a01 | 2015-12-03 23:59 | ひとりごと | Comments(0)