ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

久しぶりに地区OB会に出向く

2016年1月17日(日) 晴のち曇 歩数:7837、しっかり歩き:2220、酒:多い目

 去年抜けただけか、一昨年も抜けたのか記憶は定かではないが、P社OB会の兵庫西支部新年会に三宮の生田神社会館に向かう。初めて出席したのはちょうど10年前で同じ世代や自分より若手は皆無だったが、だんだん自分より若い人も増えてきて、テーブルは後ろから三列目に上がってきた。

 同テーブルには知っている人は一人もいなかったが、話をすると大体同期或は同年齢だった。喋っているとまず間違いなく共通の知り合いの名前が出てきて親近感を覚えるのが、このOB会のいいところか。

 まあ、それはどうでもいいことかも知れないが、新しい出会いがあるというのは悪いことではない。同期入社の人もいて、この輪を広げようと三人で誓ったり、ご近所グループで飲み会をやろうと誘われたりで、それはそれで新たなコミュニティに加わるのも面白そうではある。

 会は、世話役の人の趣向が反映されているのか、音楽に傾倒しているようだ。乾杯前のオープニングにはオペラ歌手二人とピアニストの本格的な歌唱。会場の空気が響き渡るのを体感した。ソプラノ歌手の千賀恵子さん、大河寿美子さん、ピアノの片桐えみさんの「日本の歌曲とイタリアオペラの饗宴」。
e0083517_18090300.jpg
 すごい迫力であった。皆さん大阪音大ご出身で、中心の千賀さんはこの支部のコーラス部の歌唱指導をやっておられるとのこと。会の後半で千賀さんによる健康講座「発声の不思議と健康」というテーマでボイストレーニング講座があった。わかりやすい講義で全員実践練習となる。

 最後のプログラムは、その千賀さんの指導で進歩を遂げているというこの支部のコーラス部の発表会。たまたま隣に座っていた人、その隣の人、さらにその隣の女性がどうやらメンバーだったみたいで、いつの間にか赤い蝶ネクタイやスカーフに換えて舞台に出て行った。「翼をください」、「シェリト・リンド」、「若者たち」の三曲だったがなかなかのものであった。
e0083517_18093549.jpg
 千賀先生の指導も受けられるというので、一度覗いてみようかなと思う。

 

by yellowtail5a01 | 2016-01-17 19:05 | 友人・交遊 | Comments(0)