ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

新しいことを始める緊張と興奮

2016年2月14日(日) 晴 歩数:9711、しっかり歩き:1312、酒:多

 OB会の地区新春懇親会に出席したときに知った合唱団に関心を持ち、同席したメンバーの人に、興味を伝えていたところさっそく練習会への案内が届き、今日がその初日。知らないメンバーばかりのコミュニティに新人として飛び込むのには、緊張感を伴う。

 その前に、ヨット準クルーのKさんが働いているという芦屋の風というお店にキャプテンとマネージャと三人でランチに寄る。昨日来た芦屋市民センターの前を通っていくのだが、昨夜来の大雨で芦屋川の様子はすっかり変わっていた。土の部分が相当流されたようで、水が轟轟と流れていた。
e0083517_00595131.jpg
 あいにくKさんはシフト外で会えなかったが、前から気になっていたお店「風」探訪をできて、ご馳走をいただく。といっても1400円のお任せ膳で気楽である。
e0083517_01001296.jpg
 手の込んだお料理が続くが、メインは鰆の天麩羅にあんかけの一品。なかなか味わいがあり、器にも店主の思い入れがあるようだ。
e0083517_01000426.jpg
 入口の行灯風の照明にもこだわりがありそうだ。
e0083517_01002267.jpg
 同じようなタイミングで芸文センター定演に向かうお二人と、時間つぶしを兼ねて市民センター喫茶店のコーヒーで寛いだ後、練習会場のある新長田に向かう。鉄人28号で有名だ。
e0083517_01003916.jpg
 3時から5時まで、準備運動、ボイストレーニングを経て五月の総会のときに披露する課題曲の練習となる。もう一人新人さんがいたが、二人とも声が低いとのことで、ベースパートに組み入れられた。

 課題曲は、「われは海の子」、「箱根八里」、「見上げてごらん夜の星」ということで、耳に馴染んでいる曲ではあるが、ベースパートとなると主旋律とは似ても似つかぬ音程。楽譜と隣の先輩の音を追いながらの冷や汗ものの練習となる。

 顔見知りの人が一人いたほかは全く知らない人ばかりだが、練習後には飲み会に招待され、ご馳走になる。これでは後には引けないが、この緊張感は貴重な体験である。今日の録音を送ってもらったので、楽譜と見比べながら家でも練習して次回に備えたいと思う。

by yellowtail5a01 | 2016-02-14 23:59 | 音楽 | Comments(0)