ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

コインランドリーと中国贈賄セミナー

2016年2月23日(火) 曇 歩数:9093、しっかり歩き:1130、酒:中

 午後から中国贈賄セミナーがあるので、午前中に用事を済ます。「あさが来た」を見た後は少し「朝イチ」で風呂敷特集を観た後、来週から再来週にかけてのテキスト作りに勤しむ。11時頃には完了して、コインランドリーに向かう。

 家の洗濯機で選択すればいいのだが、故あって今は使えない。故障ではないのだが・・・近所のコインランドリーに自転車で向かい洗濯に30分強、乾燥に30分をコインランドリーで過ごす。これまでは、これを待つ時間はこの上なく退屈な時間だったが、今日は土曜日のタイムの教材予習を持ち込んだので、全く退屈感はない。むしろ時間が足りないという気分で、洗濯や乾燥がすぐに完了してしまうのが恨めしい。これはいい発見である。

 バタバタするが、13:30から梅田である無償のセミナーに遅れないように昼食抜きで飛び出す。会場には15分前に入れ、気にいった席に着くことができた。内容は米国のFCPA(Foreign Coruption Practice Act)について、元米国検察官の弁護士と上海の中国人弁護士の講演。13:30から17:10まで退屈することもなく傾聴できた。休憩時間に気が付いたが、すぐ前の席には昔本社にいた頃の後輩が座っていた。もうベテランの域に達しかけているようである。

 自分としてはど真ん中の役に立つ講演会であった。質疑の時間が大幅に延長となり30分遅れで終了する。しかも米国のディスカバリーに対する専門図書二冊をお土産にいただき、途中の休憩時間にはコーヒーのみならずお菓子までたくさん出してもらい、ありがたい。特に同時通訳のレベルは最高級でずいぶんコストがかかっているものと思われる。

 機会があれば自分の講義の中で紹介・PRしたいと思う。

by yellowtail5a01 | 2016-02-23 23:59 | ひとりごと | Comments(0)