ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

珍しいもの見学

2016年3月28日(月) 薄曇り

 夜に組合支部連OB会がいつもの京橋ツインタワーである。三回に一度くらいの出席率になっているが、大概出勤日とかち合いスタート時刻に間に合わないことも一因である。それでも立花の頃は、定時でサッと切り上げると何とか6時半のスタートには間に合ったものだ。

 ところが今の南二見からだとどう逆立ちしてもOBPに着くのは7時半になってしまう。今回の主役は現役組合役員時代は後輩だった名古屋営業所の書記長が、本部の中央執行委員になり、書記長になり、委員長になったと思うと電機労連の委員長になったあと連合の役員になり、気が付けば連合の会長にまで登りつめたK氏。ようやく要職を離れて久々のOB会参加。休むわけにはいかない。

 自分が毎年年賀状を交わす個人的知り合いの中で、おそらく一番の有名人というか大物であることには違いない。出勤日を振り替えOB会に専念することにする。

 まだ会社で現役を張っている仲間がガンバスタジアム建設・運営に携わっていることから、ガンバスタジアム見学会をアレンジしてくれる。20名弱が午後三時に万博公園駅に集い、できたばかりのスタジアムを見学する。

 OSAKA WHEELも工事が進んでいるようで、秋に観た時よりも大きくなっていた。
e0083517_23371705.jpg
 まずは選手が入場するセンターのエントランス。こういう見学会でしか近寄れない場所である。
e0083517_23372674.jpg
 ガンバスタジアムの一番の特徴は、観客席の最前列からピッチまでの距離が7メートル。これは日本のスタジアムの中でもNo.1級の近さで臨場感抜群とのこと。
e0083517_23390890.jpg
 ベンチの椅子にも座らせてもらう。
e0083517_23375168.jpg
 その他、普通の見学会ではなかなか見せてもらえない選手のロッカールームや風呂、シャワールームなども見せてもらう。圧巻はフロント中央に設けられたVIPルーム。食事をしながら観戦できるように贅沢な造りとなっている。
e0083517_00015160.jpg
 外に出るとこれもゆったり仕様の観客席。この特等席から観戦する人はどのような人達か。
e0083517_23392907.jpg
 暖かくなれば観戦に行ってみたいと思った次第。見学の後は京橋に移動し、いつもの会場でのOB会となる。大物主賓ということで、引き締まったというか重たいスピーチが多かった。ハルカスの夜景も夜が更ける。
e0083517_23401553.jpg

by yellowtail5a01 | 2016-03-28 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)