ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

タイムを読む会お花見会

2016年4月9日(土) 晴

 いつの頃からか定着した今のパターン。お花見会と称しながら、お花見に出かけることなく、教室でお花見弁当をいただくというパターンになって七、八年は経つだろうか。

 毎年、どこのお弁当を仕入れてくるかがその年の役員の腕の見せ所。今年は女性会長さんを中心に役員四人で熟慮されたようで、芦屋高級店梧桐の特性弁当。これまた女性の副会長さんがお店に掛けあっての注文弁当。

 デザートに桜色のババロア、メンバーの一人、妙齢の芦屋マダム特性のケーキも添えられる。
e0083517_23035340.jpg
 まさに花より団子で、その象徴の三色団子が添えられている。これも特別仕様らしい。
e0083517_23040019.jpg
 隣に座った呑み助友達に、「ビールかお酒があれば最高やね」と囁くと、カバンからこっそり水筒を取り出して、「実はもってきましてん。」とのこと。紙コップのお茶をすぐに飲み干し、机の陰でこっそり注いでもらう。

 こそこそしているのが会長に見破られ、どんな厳しい叱責の言葉が来るかとおもったが、「今日は特別に大目に見るわ」との心優しいご沙汰。ありがたくいただき、ほろ酔い気分で勉強会に移る。

 今日のテーマは、ロシアのプロパガンダ大臣を務めてきたプーチンの取り巻きの一人だったレジンという人物が、昨年11月にアメリカで心臓発作で亡くなったのだが、それはクレムリンの手先によって暗殺されたのではという記事。

 折から話題になっているパナマ文書の下敷きになっているような記事で興味深く読むことができた。

by yellowtail5a01 | 2016-04-09 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)