ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

ロクヨン後編を観に行くことができた

2016年6月15日(水) うす曇り

 朝一番に自分の歯医者、そのあと家内の内科通院アッシー、午後に母の病院精密検査が入っている。当初計画していた午後の映画鑑賞は諦める。

 ところが、施設から連絡があり、「院長先生の予約が11時に取れたのでその時間に来てもらえますか」とのこと。院長先生に診てもらえるのがいいのかどうかわからないが、断る理由もないので従う。

 初めてお会いする院長先生だが、合理的なお考えのようで、精密検査はパス、昨日作った簡易ギブスも無理に使わなくてもいい、シップ等も却って皮膚によくない可能性が高いので、何もしないのが一番との診断を下される。

 CTスキャンして微小骨折が判明しても治療のために手術をするわけでもないので、本人が痛くさえなければこれが正解であろう。施設のケアマネージャも通院に付き添ってくれて安心のうちに一件落着。症状が悪化しなければの話ではあるが。

 そんなことで昼前に医療関連はすべて片付き、兄貴と姉貴に顛末を報告して、晴れて自由の身となる。当初の予定通り、15:40の「ロクヨン(後編)」を観に行く。
e0083517_01522709.jpg
 小説もNHKのドラマもネタバレの紹介記事も読まず、白紙の状態で臨むことになるが、それなりに楽しめた。と言って、格別に感動したとかハラハラしたというものでもない。「ソロモンの偽証」とどっこいどっこいと言ったところか。
e0083517_01523854.jpg
 警察ものにつきものの高級官僚と現業職との葛藤が印象的である。今クールで好評を博している(らしい)「99.9ー刑事専門弁護士ー」に出てくる奥田瑛二と「ロクヨン」の群馬県警刑事部長の奥田瑛二がぴったり重なりあう。

 奥田瑛二は同い年であるがかっこいいと思う。かっこいいと思う連想で上げるとだいぶん先輩になるが近藤正臣も老齢の域に入ってますます格好良くなっていると思う。

 今の大河ドラマでの本多正信もいいが、朝ドラでの「カーネーション」、「ごちそうさん」、「あさが来た」もよかった。

by yellowtail5a01 | 2016-06-15 23:59 | 娯楽 | Comments(0)