ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

嬉しくて つまらなくもある 誕生日

2016年6月26日(日)ほぼ晴れ

 いよいよ67歳を迎えた。いつの間にか齢を重ねるものである。このブログを始めたのは56歳の秋だった。この10余年はなんだったのか。好き放題にさせてもらったのは、ある意味わが人生で最善の時期だったのかもしれない。

 朝一番からFBやメールで、祝福のメッセージをいただく。ありがたいことである。いただいたメッセージには最低限の返答をしなければ気が済まず、それに没頭する。皆さんに覚えていただけることは誠に嬉しいものである。

 それに引き換え、家内と来たら遅い目の朝食を用意してくれるのはいいが、全くのメッセージなし。「今晩の飯はちょっと張り込んで頑張ってな」と向けると、「そんなん絶対無理、家計費足らないから増やして欲しいところやわ」とのたまう。

 口論になるのを抑えて、「今日何の日か知ってる?」と向けると、沈黙の後、「忘れてた、誕生日やね、おめでとう」と来る。逆の立場だったらどうだろう、どんな罵声が飛んでくるか。まあ、いい。「こっちも10月のそっちの誕生日には同じようにやらせてもらうわ。」と捨て台詞を残して書斎に籠る。

 さすがに少しは反省したのか、昼過ぎには「お昼できたよ~」と呼んできたので、ソーメンをいただく。「今夜はいいお肉が欲しいからクルマで関西スーパーに連れて行ってくれる?」と来た。ようやく祝ってくれる気になったようだ。

 昼下がりに関西スーパーに行き、帰りに母の施設に寄って、67歳報告をする。藤沢の姉貴にもスピーカーフォン電話をするが、母の声は出ない。電話越しに姉が"Happy Birthday To You"を歌ってくれた。ありがたい。しかし、息子、娘からは何の連絡もないのは淋しいところである。

 家内への憤りは昼で収まったが、何となく釈然とせず、夕方には久しぶりの打ちっぱなしに行く。甲子園アコーディアは何か月ぶりであろうか。納得はできないスウィングだが、7月1日のプライベートラウンドでは頑張りたいものである。
e0083517_00034059.jpg
 帰るころには夕景。
e0083517_00033127.jpg
 小雨がぱらつくが西の夕日は明るい。
e0083517_00035070.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2016-06-26 23:59 | ひとりごと | Comments(2)
Commented by chura-photo at 2016-06-28 07:09
これからも、いろいろなことがあるでしょうね。
お誕生日おめでとうございます^^!
Commented by yellowtail5a01 at 2016-06-29 01:36
ueさん、ありがとうございます。生きている限りいろんなことに遭遇するのでしょうね。