ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

珍しい水曜日出勤日は、雨

2016年6月29日(水) 雨

 家を出たときは降っていなかったが、東二見に着いた頃は小雨が舞う。いつものように社用車に乗せてもらい、いつもの道を走る。この辺りの浜国道は殺風景だと思っていたが、車窓にアガパンサス群落を発見。
e0083517_13051998.jpg
 これは帰りに寄り道をしてでも、この花壇コーナーには立ち寄らないといけない。

 年に一度の知財会議は、来賓室で開催することになる。窓越しに明石海峡大橋を望めるいい会議室である。
e0083517_13050963.jpg
 会議の方は、まずまず順当に1時間45分で全ての議事を完了し、無事終わる。やれやれであるが、来年のこの会議に自分が座っているのかどうかと考えると、少し感傷的にならざるを得ない。もう67だもんな、という心の声が聞こえる。

 午前中は他のことは何もできなかったが、午後はメールや電話の問い合わせに快調に応えることができ、気分がいい。午前の会議の議事録も仕上げて、ベルサッサの定時退社で社用車に乗り込む。

 いったん東二見駅で降りて、朝に気になった花壇公園に徒歩にて向かう。といっても徒歩3,4分の交差点である。見事なアガパンサス集落である。ご近所の皆さんが肥料をあげたり、株分けしたり、丹精込めて手入れをされているのであろう。
e0083517_13053964.jpg
 水滴も一緒にアップで撮っても美しい。
e0083517_13052735.jpg
 アガパンサスのほかにもオレンジ系のグラジオラスや真っ黄色のルドベキアなどが丁寧に植えられている。
e0083517_13054916.jpg
 子供の頃にはアガパンサスはなかったが、グラジオラスは梅雨の季節の代表的な花だった。近年アガパンサスはあちらこちらで(我が家でも)見かけることが多いが、グラジオラスは滅多に見かけることがなくなった。
e0083517_13055890.jpg
 そういえば子供の頃にどこででも見られたカンナ、ダリア、アネモネなどの球根植物を見かけることが減ったのは何故だろう。


by yellowtail5a01 | 2016-06-29 23:59 | 自然・季節 | Comments(0)