ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

How to Stay Marriedというアメリカの話題

2016年7月9日(土) 雨のち曇り

 梅雨に逆戻り状態で、しかも南の空気が入り込んでいるのか蒸し暑い。今日は午後の四時間たっぷりTIME誌購読会。二時間だとなかなかまとまった記事を読めないが、四時間だとしんどいところもあるが、読み応えのある記事を読めるのがいいところだ。

 以前は4ページを超える記事だと読み残しが出たりで、フラストレーションの残ることもあったが、最近は完読の機会が増え、予習のし甲斐もあるというものである。今回の記事は、政治や経済や地域の話題から外れ、いかにして有意義に最後まで添い遂げるか、という意味深なテーマである。

 おとぎ話は大概、お姫様が王子様と結ばれるところで、めでたしめでたし。その後のことは触れられない。そのあと延々と続く退屈な結婚生活に物語はないから、という書き出しで始まるが、最近の各種研究や統計からすると、歳をとっても離婚しないでいるカップルの方が、健康面、財政面、生き甲斐面でも離婚組よりもベターであるという結論が出ているらしい。

 統計を引っ張り出すまでもなく常識的に考えてもそれはそうだろうと思う。研究報告ではその前提は良い結婚であったということらしいが、たとえ悪い結婚であったとしても糖尿病患者には離婚しない方がいいとのこと。ロジックはよくわからない。

 筆者の女性総合編集長は、著名な学者やセラピストの研究を引用して、要は「いつまでもお互いを思いやって、仲良く暮らしなさい」ということを言いたいようだが、それがなかなか簡単にいかないから、多くの熟年カップルが多かれ少なかれ、悩んだり、諦めたりしているのではなかろうか。

 全般的な論旨としては掘り下げが中途半端で、イマイチ感が残ったが、個々の統計や学者の報告引用や助言には、参考にできるところも少なからずあった。また、小見出しにあったサブタイトルや文中のフレーズで、興味深いもの、共感を覚えたものもあった。

"Staying married is more challenging than ever. But new data says it's worth it."

"In the early years, you fight because you don't understand each other. In the later years, you fight becasue you do."

"To get the full value of joy, you must have somebody to divide it with."

"Aim to find someone you know you'll love even during the periods when you don't like him or her so much."
e0083517_06283499.png

TIME Web より

by yellowtail5a01 | 2016-07-09 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)