ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

知財関連セミナー受講に出向く

2016年7月13日(水) 曇り

 ぐずついた空模様であるが、降ってはいないので本格的な傘は持たずに梅田に出向く。ある情報処理会社が時々主催する参加費只のセミナー。三回目の参加。只なのに内容は充実している。

 講師は四人で、アメリカから来た弁護士が二人と日本人の弁護士と弁理士の講義がある。アメリカ人のプリゼンは英語だが、資料は日本語なので通訳なしでもそれなりに理解は進む。

 e-discoveryにまつわる最新情報と米国特許訴訟の傾向、AIを使った特許調査、米国トレードシークレット法、日本の不正競争防止法改正による営業秘密保護の最新動向。特に最後のテーマは今の勤務先でも関係が深い。

 只ほど高いものはない、というが今のところは只でありがたく受講させてもらっている。感銘を受けたのは、質疑タイムの通訳の方。同時通訳のウィスパリングはよく聞くが、アメリカ人弁護士の長い回答を逐次通訳するその正確さ。どんだけのバッファメモリが脳にあるのだろうと超人を感じた。

 帰り道、梅田の東通り商店街を久しぶりに歩くと、様相がずいぶん変わっている。確か千成という大きなパチンコ屋、二階にビリヤード場があったところは工事中。
e0083517_00451020.jpg
 近辺のパチンコ屋も規模縮小で、代わりに増えているのはカラオケチェーンと飲食店。郊外では大規模パチンコ店をよく見かけるが、繁華街では繁盛しなくなったのか。

by yellowtail5a01 | 2016-07-13 23:59 | 仕事 | Comments(0)