ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

タイム記事はトロールについて

2016年9月9日(土)晴

 着手は二週間前から始め、途中まで順調に進んでいた今回の予習だが、分量が半端でなくガッツリあったので、結構苦労する。読めるところはOKなのだが、意味不明点が多いのが難点。

 わからないところは何度調べても分からないので、諦めて芦屋に向かう。空の雲はすっかり秋の雲となり、昼間でも吹き抜ける風は以前の風とは明らかに異なってきた。
e0083517_23285486.jpg
 インターネットの世界で話題になっているTroll。日本語では「荒らし」とか「ネトウヨ」とか呼ばれている現象らしいが、特にアメリカでは大統領選挙キャンペーンにも絡み、また移民排斥、女性蔑視などと絡んで深刻な問題らしい。
e0083517_23290414.jpg
 「トロール」と聞くと、トロール船、トローリング、パテントトロールといった言葉が連想されるが、よく調べると、そして仲間からの情報に基づくと、微妙に難しい。トロール漁法とかトロール船というトロールは、"trawl"。

 一方、今日出てきたのは、"troll"。当然発音も微妙に異なる。ややこしいのは、トローリングという曳釣りはこちらのtroll。一本釣りで引っ掛けるというところから、ネットでは詐欺に引っ掛ける(fishing)をtrollというようになり、詐欺以外でもネット上で他人のコメントに脅迫的な罵詈雑言を書き込み炎上させるというのが、今日的なtrollと呼ばれる人たちなそうだ。

 量が多いのでスムーズな進行にご協力ください、という司会の要請にかかわらず、トップバッターで自分が担当した冒頭部分の文法的解釈で議論伯仲となった。

"What watching them is doing to the rest of us may be even more harmful."というのが問題のセンテンスであった。themというのはtroll(トロール行為をする人々)である。

 それだけで20分も要する。自分的にはスッキリしていて疑問の余地もなかったが、うまく説明しきれず皆様には結局スッキリしないままとなったようだ。この20分が響いたのかギリギリ完読できなかったのは残念であるが、初めて司会を担当したSさんはよく頑張られたと思う。

 結局、15分ほどの中休み以外は4時間にわたって記事と格闘する。終わってから焼き鳥と復習論議を肴に仲間で飲むビールはまた格別であった。 




by yellowtail5a01 | 2016-09-10 23:59 | 外国語・教養 | Comments(0)