ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

音楽な一日 やっぱり神戸が好きだ

2016年9月18日(日) 雨

 絶好の行楽シーズンの三連休というのに雨模様。今日は野外活動ではないので、この程度の雨なら苦にならない。「題名のない音楽会」に上原ひろみが登場。しばらく見ない間にずいぶん大人っぽくなった。

 五嶋龍君とコラボした"Place to be"という曲が実にいい。日本語に訳すと「居場所」になるらしい。自分の居場所を探して旅するのが人生ではないか、という気持ちが籠められているとのこと。振り返って、自分は自分の居場所を見つけているのだろうか。

 全く場違いなところに居るわけではないと思うが、今の自分が居るところが本当に居るべきところかと自問すると、何か違っているような気がする。

 そんな思いが胸をチクリと刺す中、午後に神戸に向かう。少し早く着きそうだったので左手で傘を差しつつ右手にカメラ。ありふれた風景だが、なぜか心が和む。
e0083517_00041635.jpg
 震災後に建て替えられた国際ホール。神戸一番のホールだが、あまり来ていない。もっとダサい神戸文化ホールの方に行っている回数が多い。
e0083517_00034693.jpg
 市役所北の花時計公園。狭い公園だが、大学二回生のときの甘酸っぱい思い出の残るベンチが今も同じ場所にある。47年の歳月を経て振り返ると、それもいい思い出か。いまだに脳裏に残る思い出を作ってくれた彼女に感謝の念が湧く。
e0083517_00044538.jpg
 3時からの練習では、10月の老人ホーム慰問の課題曲三曲の練習に励む。この練習会でのS賀先生と第二月曜十三会のF島先生と、二人の先生から、それぞれ月一回づつトレーニングを受けていることとなり、自分でも声の質が少しづつ良くなっている気がする。

by yellowtail5a01 | 2016-09-18 23:59 | 音楽 | Comments(0)