ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

懸案のOB・OG会 なんとか無事終える

2016年10月1日(土) 曇り

 疑いなく自分にとって今日は今年最大の緊張日であった。世話役の皆さんと周到な準備をして臨んだつもりだが、いざ本番となると思うようにいかないことが多い。

 10年来の講師仕事で、人前で喋ることについては現役時代より慣れてきているとの自覚はあったが、大勢の先輩諸氏を前にして司会席に立つと、その昔本社講堂での大会議で演壇に立った時の緊張感がよみがえる。もっと遡れば、初めて組合本社支部の執行委員に立候補して、候補者演説をした時の緊張感まで彷彿とさせられる。

 司会進行役としては、時間管理もうまく行き、定刻スタート、定刻お開きで終えることができた。予定した式次第は、それぞれのスピーカーの爽やかな弁舌と時間制約へのご協力、また聴衆の皆様も静かに耳を傾けていただき、概ねうまく行った気がする。

 しかし、我ながら物足りないと感じるのは自分のゆとりのなさ。律儀に進行するだけでなく、もう少し皆さんの空気を和やかに導く話術が欲しかった。

 役員研修会終了後、駆け参じていただいた現役の常務のお話し、世話役代表の締めのお話しは、いずれも聴衆を惹き込む魅力的なスピーチであった。話し方もあるが、コンテンツが大事である。
e0083517_22150641.jpg
 ともあれ、いくつかの新機軸の運営を打ち出したプランは、概ね好意的に受け止めていただいたようだ。来年はどうなるかわからないが、さらに改善を工夫し、より多くの皆様にお集まりいただけることが、一番の励みである。

by yellowtail5a01 | 2016-10-01 22:42 | 友人・交遊 | Comments(0)