ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

友遠方より来る

2016年11月19日(土) 曇り

 ツーリング例会日で三重県の方に出向く予定であったが、降水確率が40%を超えていたので、一週間順延となる。錦秋の紅葉名所をバイクで訪れる予定であったが、来週土曜日は英語で埋まっている。残念ではあるが、病み上がりのまだ残る体調では、パスが正解だったかもしれない。

 夕方に組合時代の仲間が埼玉から来阪とのことで、三人で一献交わす。30代という一番元気なころにお互い営業所支部、本社支部の支部長として組合活動に勤しんできた仲。思い出話も多いが、一番盛り上がるのは定年後のそれぞれの生きざまか。

 埼玉のS氏は、県から派遣されて中国に留学もされ、今も国際交流活動として外人に日本語を教えたりする活動の他、シニアソフトボールチームとして全国大会にも出るというアスリート。毎朝ダッシュの訓練を欠かさないとのこと。

 こちらは、信号変わりかけのダッシュも諦める体たらくだが、S氏は監督から盗塁サインがでると、全力疾走で盗塁も成功させないといけないそうだ。

 何年か前に会ったときに演劇も始めたという話を聞いたが、それがさらに発展して、来月にはさいたまスーパーアリーナで「一万人のゴールドシアター 金色交響曲」という故蜷川幸雄氏企画の演劇に出演するとのこと。200倍のオーディションを勝ち抜いたとのこと。予定が合えばぜひ鑑賞したいものである。

 大阪のT氏は、退職後不動産会社を立ち上げ新たな道を歩むとともに、セミプロからプロ級の演歌歌手の奥様のマネージャとして活躍されている。お二人のチャレンジングな退職後人生に比べると自分のやっていることは、安直なお気楽な道だと痛感させられる。
e0083517_19253145.jpg

 

by yellowtail5a01 | 2016-11-19 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)