ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

イズミホールのヴァイオリンリサイタル

2016年12月2日(金) 晴

 朝からコーラス隊の最後の練習会で「花は咲く」の仕上げと「きよしこの夜」のハモリパートの練習を行う。後者は全員で歌うので気が楽と言えば楽。

 夜はひょんなことで知り合いから巡り巡って回ってきたコンサートチケット。噂には聞いていた服部百音ちゃん。17歳で堂々のリサイタル。ヴァイオリン曲には明るくないが、いずれの曲も難曲であることはわかる。

 一番耳に馴染んだのは、ワックスマンの「カルメンファンタジー」というカルメンメドレー。聴き応えたっぷりの二時間であった。 
e0083517_11193332.jpg
 11月に日経朝刊の「私の履歴書」に掲載されていた服部克久氏の孫娘で、30日の最終回には父親の服部隆之氏と三人の写真が写っていた。隆之氏が作曲した真田丸のオープニング曲を大阪城ひざ元のイズミホールで百音ちゃんがアンコールで演奏。会場は盛り上がる。

by yellowtail5a01 | 2016-12-02 22:50 | 音楽 | Comments(0)