ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

名門ゴルフ場ラウンドと萌芽の季節

2017年4月28日(金) 晴 

 年に一度くらいの割合だが、サントリーレディスオープンでお馴染みの六甲国際でのラウンド。初めて転勤した産機での海外部上司と同僚先輩と続いているラウンドである。なんといってもコンディションのいい東コース。キャディ必須で本来ならば手の出ないコースだが、メンバーのK氏の計らいで庶民値段で回らせていただく。

 東コースは距離もたっぷりでこれまで一度も100を切ったことがない。ロッカーの鍵番号が104だったので、104を切ることを目標にする。
e0083517_05084718.jpg
 桜はもう葉桜になっているが、木々の新緑が美しい。ソメイヨシノはないが八重桜は辛うじて残っている。
e0083517_05074643.jpg
 午前のアウトは48と初めてのハーフ40台を残せた。午後のインは思うようにいかずトリプル連続で52。トータル100で百切りは逃したが、ロッカー番号目標はクリアできた。雲一つない爽やかな風を楽しみながらの気楽なラウンドは嬉しい。秋にまたここで再会しようと約束して別れる。秋には100切りを達成したいものである。

 帰り道、いろんなルートがあるが、高速代やトンネル代がかからず信号もほとんどないルートを取る。六甲山縦走コースである。バイクではお馴染みのワインディンぐロードだがクルマで走ることはあまりない。

 神戸市森林植物園の前を通り過ぎ、思い直してUターン。この季節に訪れたことはないが、せっかく前を通り過ぎたのだからちょっと覗いてみることにする。兵庫県民高齢者は入場料無料だが駐車場代500円は取られる。バイクだとそれも無料なので、ちょっと損した気分。

 しかし、今フィーチャーされているシャクナゲの美しさ、木々の萌芽の様子を堪能させてもらい500円は安いものだと実感。
e0083517_05095193.jpg
 蕾は濃いピンクだが開花すると淡いピンクになるようだ。
e0083517_05105232.jpg
 このグラデーションが堪らない。
e0083517_05113197.jpg
 アップにも十分堪える花である。
e0083517_05102167.jpg
 シャクナゲ園からシアトル広場を経由して長谷池に下る。シアトル広場ではユリノキ、フウの新緑がいい感じ。
e0083517_07172412.jpg
 この季節のもう一つの主役はツツジ。モチツツジ、コバノミツツジ、ドウダンツツジなどがみられる。コバノミツツジは三枚の小さい葉がつくことが識別ポイント。
e0083517_07174835.jpg
 長谷池もこの季節は静寂感が溢れる。熟年カップルをちらほら見かける程度。
e0083517_05123428.jpg
 ここからは萌芽のクイズです。なんという木の萌芽かわかればコメントでご回答ください。正解者に豪華景品とはいきませんが・・・

問題1 ヒント:カエデの一種です。
e0083517_05134737.jpg
問題2 ヒント:大好きなカエデです。
e0083517_05170608.jpg
問題3 ヒント:一番お馴染みの樹木です。
e0083517_05181600.jpg
問題4 ヒント:葉の形が金貨のように見えるのでマネープラントのようですが、和風です。
e0083517_05185175.jpg
問題5 ヒント:街中で街路樹としてよく見かける木ですが、名前は知られていません。
e0083517_07330040.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-04-28 23:59 | ゴルフ | Comments(0)