ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

突貫英語予習は図書館で

2017年7月7日(金) 薄曇りの七夕 

 今秋は油断している間に土曜日の4時間コースのタイムを読む会が迫ってきた。チラッとは見ていたが、プーチンチルドレンということであまり興味がわかなかった。夕方には懐かしい先輩との飲み会が入っているので、なんとしても昼間に片付けないといけない。家では絶対気が散るので、図書館に出向く。

 図書館前の並木道にはタイサンボク。白い花が満開の様子。英語ではマグノリアという木蓮と同じ呼び名になるが、木蓮は桜が咲く前の早春の象徴、こちらは真夏の前の白い大輪の花。同種なので似ているっちゃ似ている。
e0083517_23532933.jpg
 平日の昼間ということで図書館は空いているが、それでも老若男女が熱心に勉強している姿をみると、こちらも頑張ろうという気持ちになってくる。取りあえず一通りの単語チェックと難解部の抽出はできた。あとは難解部をどこまで精査できるか。

 先輩との飲み会の前にもう一つ用事がある。不調のインターフォンを購入したエディオンに修理を依頼したのが昨日。修理には時間がかかるとのことで、具合が悪いと思われる外部子機を交換してもらったのはいいが、家に戻って試してみるとやはり不調。昨日対応してくれた女性のチーフは、今日は2時からというので、2時を目指して室内機ももっていく。

 昨日、最初の対応が官僚的だったので、少し気色ばんで「これって欠陥品じゃないの」と突っ込んだのがよくなかったのか。穏やかに言ったつもりだが、クレーマーと思われたかもしれない。今日は、呼び出してもらっても「商談中なので、別のものが応対させていただきます」とのことで、むくつけき中年の強面男性社員が出てくる。

 現物の室内親機、室内子機、屋外子機を全部持って行って実験してもらうと、総入れ替えしないと動作しないことが判明。8月でメーカー保証が切れる直前だったが、総入れ替えに応じてもらい、一件落着。これで宅急便のお兄さんに迷惑をかけることも減る。いろいろあったが、エディオンの保証対応は非常に良いと思われた。

 予定通り4時半に家を出て西宮北口に向かう。約束は5時であったが、10分前に改札に向かうともう来ていらした。行く店はその時点の気分で決めようということになっていた。お洒落アイリッシュバーもいいが、やはりビールに焼き鳥ということになり、鳥半にする。

 5時の開店と同時にカウンターに座り、久しぶりに(といっても二月の共通友人弔問以来だが)旧交を温める。おかげでいろいろと情報交換もでき、ちょっと面白そうな計画の実行作戦を相談することができた。



by yellowtail5a01 | 2017-07-07 23:59 | 外国語・教養 | Comments(2)
Commented by fundmoneyじゃん at 2017-07-08 17:40 x
ミッチさん、世の中 腹が立つことばかりですが、怒りが出るのは老人予備軍だそうです(笑)。私も偉そうなことは言えませんが 相手の立場を考えてやって大きな度量を持つように心がけています。
Commented by yellowtail5a01 at 2017-07-08 19:00
じゃんさん、そうですか。私もいよいよ老人予備軍に入ってきたようです。クレーマーの心理がなんとなくわかる気がします。気をつけなくては。