ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

初めての孫とのお出かけ

2017年7月28日(金) 曇りのち晴 

初孫が誕生して以来、ほぼ月一のペースで会っているが、よく考えるとまだ一緒にどこかに行ったことがなかった。大概娘宅に赴き、近所の公園に行って写真を撮ったり、砂場遊びをするくらいであった。

来月中旬に第二子出産を控えた娘からラインに連絡があり、出産前にお墓参りとエキスポシティに行きたいという連絡があった。土日は予定が入っているが、金曜はフリーなので、何時でもいいよと返すと九時半に迎えに来て、ということになった。

嫁ぎ先のご両親とは、泊りがけでちょくちょく行っているようなので、若干寂しい気分も感じていたが、当方の事情(バァバが動きにくい)もあり、そのような機会はなかったのだが、そのような誘いがあれば二つ返事で出向く。エキスポシティは家内にはハードルが高いので、諦めてもらう。

お墓参りは順調に済み、エキスポシティのニフレルに向かう。
e0083517_03155111.jpg
前は何度も通っているが、どんな施設かは全然知らなかった。水族館とミニ動物園のコラボのような施設。1800円の入場料は安くはないが、それなりに楽しめる内容だ。まずは大人気のニモが迎えてくれる。
e0083517_03161658.jpg
大きいサメから小さい魚まで珍しい魚が揃えられている。とりわけあき君が心を惹かれたのはジョーフィッシュの種類。砂に潜って頭だけ出している。珍しい魚で水族館通を自負する自分も初めて見た。
e0083517_03162948.jpg
水槽のある水族館コーナーから異次元的空間を通る。地球環境保護がテーマか。少しわかりにくいが、空間としては面白い。
e0083517_03164889.jpg
次のコーナーは動物園になってくる。ホワイトタイガー、カバ、ワニなどが身近にみられる。
e0083517_03170781.jpg
イリエワニという中型ワニにもあき君の興味が湧くようだ。何度も行ったり来たりしてこの前にしゃがみ込む。
e0083517_03173611.jpg
隣のカバはよく寝ているが、これもあき君の関心対象のようである。
e0083517_03180053.jpg
さらに進むと、神戸ポートアイランドの花鳥園(現在はどうぶつ王国?)のイメージだ。いろんな動物がいる。目に着くのは何とか猿。身軽に地面から天井まで自由自在に行動する。
e0083517_03181684.jpg
カピパラの現物を見るのも初めてだが、あき君はよく知っているようである。
e0083517_03183115.jpg
いきなり鳥が頭上をかすめたりで、面白い空間である。あき君が足早になりあっちに行ったり、こっちに行ったり、戻ったりで自分のペースでは鑑賞できないが、あき君の視点で観ることができるのは、新たな発見である。

ニフレル売店で若干のお土産をプレゼントし、フードコートで昼食。さすがに疲れてきたのか、食べながら睡魔に襲われている模様。
e0083517_03222869.jpg
往きの車中では元気でお喋り全開モードで、娘とゆっくり話せなかったが、帰りはぐっすり眠り込んでくれていたので、中央環状、新御堂筋、松屋町筋を南下しながらの道中、久しぶりに娘とゆっくり話すことができた。家内への愚痴を聞いてもらえる数少ない存在である。

杭全に着く少し前に、あき君が目を覚まし、いろいろ語り始める。ニフレルで観たことを順番に語ってくれる。こちらはもう忘れているような細かいことまで、次から次へと語る。子供の成長に目を見張らされた一日であった。

by yellowtail5a01 | 2017-07-28 23:59 | 家族・交遊 | Comments(0)