ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

いざ、今年最初の紅葉写真撮影に

2017年10月11日(水) 曇のち雨 

北海道や東北の高い山では例年より早い目の初冠雪とか。北の紅葉は今が真っ盛りのはず。前から行きたいと思っていた岩手・秋田の八幡平アスピーテラインを目指す。

とはいっても自腹で行くとなると出費もかさむので、ケチケチ旅行となる。伊丹から花巻空港は、期限切れ寸前のJALマイレッジを充当。使い勝手のある伊丹-羽田の朝夕の便はほとんど取れないので、宝の持ち腐れ。これは渡りに舟というところである。

午前7時10分発のJAL便に乗るためには6時40分には空港に着きたい。未明の夙川駅に向かうと駅の周りを清掃している市民ボランティアの皆さんがいた。頭が下がる。
e0083517_13233698.jpg
電車を待っていると東の空が明るくなってくる。朝焼けは下り坂と不吉な予感。
e0083517_02011246.jpg

やはりローカル便は小型機だが、それでもジェット機だ。五月の大分行きANAはプロペラ機だったのに比べると少しグレードが高い気がする。バスで機体まで向かうといろいろな飛行機が止まっているが見える。
e0083517_02011900.jpg

伊丹空港出発時は晴れ。離陸直後の伊丹市も綺麗に見える。
e0083517_02012855.jpg
いつもの癖でポート側(左)の窓際席を取ったが、富士山は右手に見える。空いていたので席を移動して山梨側から観る富士山シルエットを撮れる。確かにこちらか見る方が均整がとれている。
e0083517_02013662.jpg

殆ど人の気配のない花巻空港でレンターカーを借りる。マツダデミオで二日借りて1万円少々とは助かる。足がなければどこにも行けない。ナビがついている以外には飾り気のないコンパクトカーだが、電子化がずいぶん進んでいる。教えてもらわないとエンジンも掛けられない。

東北自動車道を北上し、八幡平手前のインターで降りて八幡平温泉郷方面を目指す。途中通りかかった溶岩流の公園。本来ならば岩手山がまじかに見えるはずだが、すっぽり雨雲が立ち込めて視界100メートルか。溶岩だけ撮る。
e0083517_02014945.jpg
やがて八幡平温泉郷とおぼしき町に着く。黄葉が終盤にかかった白樺並木が続き、ディープ東北に来た実感が湧く。
e0083517_02020091.jpg
トンカツで腹ごしらえをして八幡平の頂上を目指す。夢に見た錦秋のアスピーテライン。バイクで走れればもっと魅力的だろうが、この天気ならクルマでないと無理。今日と明日お世話になるデミオ。頼りになる相棒である。
e0083517_18462500.jpg
途中、最初に通りかかったのは御在所湿原。傘は要るか要らないかくらいの霧雨だが、人っ子一人いない。
e0083517_18270411.jpg
「クマ出没注意」と書かれていると、遊歩道を歩いていても気持ちが悪い。鈴はつけていないので、歌を歌いながら歩く。
e0083517_02021482.jpg
やがて目的の御在所沼に到着。太陽の光がないと紅葉も輝かない。残念。
e0083517_02022219.jpg
遊歩道をまた歌を歌いながら人気のない駐車場に引き戻す。
e0083517_02032877.jpg
山頂方向を目指すとガスはますます濃くなり視界が悪い。幸いすれ違うクルマもほとんどないが、安全運転だ。
e0083517_02031472.jpg
標高が高くなってくると広葉樹はもう冬枯れの様相のものもある。途中源太岩という展望スポットもあるが、降りる気もしない。
e0083517_02025945.jpg
山頂下の駐車場(見返峠)辺りは、真っ白。何も見えない。ここはやり過ごして温泉巡りに予定変更。見返峠から八幡平樹海ラインを下るところに藤七温泉、彩雲荘というのがある。
e0083517_02033789.jpg
湯気の吹き出す山の斜面にいくつもの露天風呂があり、混浴。スケールがお大きい。山の上の方から下まで沢山の湯舟があり、温度も熱いのからぬるいのまで。一番高いところの湯舟が一番熱いだろうと思って、滑りそうな板の通路を上がっていくと、ちょうどいい湯加減。
e0083517_18273942.jpg
いい気持で浸っていると、いつの間にか妙齢のおばさんが上がってきて、並んで浸かっている。黙っているのも辛いので、「どちらからですか」と話しかけると「埼玉から」と話が弾む。兵庫県からだというと、うちの娘が阪神ファンで甲子園に何度か行ってる、など他愛のない話が弾む。内湯もあり、白濁したお湯でいい雰囲気だが、ここは誰もいない。
e0083517_02035439.jpg
ここはやはり露天風呂に限る。粘土質の底から泡がボコボコと上ってきて天然の泡ぶろである。
e0083517_18374320.jpg
味わい深かった彩雲荘に思いがけず長居をしてしまったが、樹海ラインを下る。黄葉は絶好のシーズンだが、いかんせんこの雨では樹海ラインも台無し。
e0083517_18532663.jpg
ペンションに行くまでには時間があるので、途中の有名温泉、松川温泉の松楓荘に寄る。どこの温泉旅館も500円から600円で日帰り入浴できるのが嬉しい。
e0083517_02041464.jpg
松川沿いのいいロケーションに露天風呂があり、雨でさえなければどんなにきれいことかと思われる。
e0083517_02042238.jpg
長い廊下に古風な客室がつながり、日本情緒豊かな温泉宿である。
e0083517_02043126.jpg
予約していた今日の宿、ペンションフレンズに着いたのは五時頃。まずは部屋でビールをいただき、ベッドにゴロン。夕食は、ヒラメムニエルと牛ステーキで思っていたよりも豪華。さすがに疲れたのか、部屋に戻るとリラックスしてしまう。テレビの天気予報では、この地方は明日も雨模様らしい。




by yellowtail5a01 | 2017-10-11 23:59 | 写真 | Comments(0)