ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

紅葉のいい頃合いに京都フォトウォーク

2017年11月24日(金) 晴時々曇 

もうかれこれ10年近く続いている春と秋のフォトウォーク。年年歳歳京都の紅葉名所が混み合うので、なるべく静かな穴場を京都人のU氏に案内してもらうパターンが続いている。まずは昼食腹ごしらえ。四条河原町を少し下がったところの中華レストランでお手軽なランチ。13階にある窓からの景色がいい。東山をバックに霊仙観音や八坂の塔、清水寺などが見渡せる。
e0083517_02591828.jpg
最初の訪問先は、霊鑑寺門跡。いつも開いているわけではなく春と秋の期間限定の公開とのことで、空いている。
e0083517_03000799.jpg
庭の紅葉は今が盛りで、陽が射すと一層艶やかである。
e0083517_03020882.jpg
哲学の小道をさらに東山よりに登った辺りは、この時季でも閑静である。
e0083517_03024159.jpg
少し北に向かうと住蓮山安楽寺。こちらは浄土宗のお寺であるが、由来を辿ると法然、親鸞の時代に遡る。承元の法難として歴史に留められているようだ。

後鳥羽上皇が法然・親鸞を弾圧したことの巻き添えだったのか、法然の弟子だった住蓮上人と安楽上人が後鳥羽上皇に無断でその官女の松虫姫と鈴虫姫を出家させたことで、死罪を言い渡されたとのことである。
e0083517_12130443.jpg
大きな阿弥陀如来の前で、若い僧侶の朗々とした声で解説を聞くと800年前にタイムスリップして当時の状況が目に浮かぶようだ。
e0083517_03050097.jpg
お庭の紅葉も堪能させてもらう。
e0083517_03053487.jpg
いい色に染まっている。近年では一番いいタイミングで紅葉狩りをできたと思う。
e0083517_03032047.jpg
山門を透して観る風景も絵になるようだ。本当は階段の下には観光客が沢山いるが、しゃがんで目線を低くすると人物はほぼカットできた。
e0083517_03035688.jpg
少し疲れたのでお茶でもしようと思うとすぐ近くに日本茶のお店があったので入る。貸し切り状態だったのでお喋りタイムとなる。自分は宇治の煎茶をオーダーしたが、抹茶オーレが正解だったようである。
e0083517_03060472.jpg
5時半の夕食までの時間を利用して、三条高倉通西の京都文化博物館に連れて行ってもらう。
e0083517_03063474.jpg
こんなところに美術館があるとは知らなかった。広島の美術館のコレクションの期間限定展示で、日本画と西洋画を対比するように展示されており、日本の近代絵画の歩みを学べる感じである。

ポスターになっているのは岸田劉生の麗子肖像画。よく見る絵だが、似たような絵を何枚も書いているみたいで、可愛い麗子と怖い麗子が対比されていた。
e0083517_03080723.jpg
夕食は新町通り綾小路上るにある矢尾定という和食のお店。
e0083517_03083828.jpg
京都らしいものということでグジ(甘鯛)の塩焼きをメインとするお料理をいただく。立派な甘鯛の片身が出てきた。リーズナブルなお値段で満喫できた。Uさん、今年も一日楽しませていただきありがとうございました。
e0083517_03090831.jpg

by yellowtail5a01 | 2017-11-24 23:59 | 写真 | Comments(4)
Commented by pico at 2017-11-29 15:06 x
お天気も良く、紅葉もグルメも 中身の詰まった一日でした。
足も弱くなり、いつまでご一緒できるのかと思いますが、ともあれ
楽しい一日でした。
Commented by yellowtail5a01 at 2017-12-04 20:30
PICOさん、お疲れさまでした。でも、去年の今頃は僕の膝が痛くて点滅青信号をPICOさんに手を引かれるようにして渡りました。しっかり治療に勤しめばきっと回復されると思います。
Commented by chura-photo at 2017-12-08 18:26
お疲れ様でした!でも無事にスケジュールがこなせて、安心しました。

これからも、健康の理由でキャンセルが出ないようお互いに頑張りましょう!!
Commented by yellowtail5a01 at 2017-12-09 01:57
ueさん、そうですね。身体のあちこちにガタが来てもおかしくない歳になってきました。養生を心がけて長く続けたいものです。