ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

気持ち悪いくらい温かい雨の日

2018年1月17日(水) 雨 

阪神淡路大震災から23年目。あの日の情景を思い出すと、そんなに
前のこととは思えないが、子供たちが小学生だったことを振り返ると
ずいぶん以前のことと思えてくる。人間の時間観念の不思議か。

朝から結構な本降りだったので、早朝の記念式典は大変だった思う。
あの日は薄曇りだった。

西手の大きなマンションの四階の部屋から火がでていたこと、知り
合いの家族の高校生の女の子がつぶれた家の下敷きとなり、体育館
の霊安所まで運ぶ手伝いをしたこと。

ニテコ池の南の堤が壊れて、ガスの匂いがしたこと。大社小学校の
体育館に避難したことなど断片的に思い出す。あれから23年。当時の
爪痕はどこにもないが、あの日々を毎日どう過ごしていたのかを思い
出そうとしても、断片的にしか出てこない。

午後になってお茶とミネラルウォーターを買いに近所のディスカウ
ントショップに行く。COOPより大分安い。と言って飲み過ぎては
ならない。

レジを済ませて駐車場に向かうと、見たことのある人とすれ違った。
身長180㎝強でスリムでスカッとしたイケメンは、阪神タイガーズの
八木裕選手だった。球界ではすっかり過去の人だが、生で見ると今で
もかっこいい。写真を撮れなかったのが残念。

甲山の山頂(333メートル)が雲に隠れている珍しい光景は、写真に
収める。
e0083517_20054300.jpg
ご近所の蝋梅は、早や一番花を咲かせていた。
e0083517_20053250.jpg

by yellowtail5a01 | 2018-01-17 23:59 | ひとりごと | Comments(0)