ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

大学友人、小学校友人

2006年3月28日(火)曇~雷雨~晴

 隣の兄貴夫婦が旅行に出かけたので犬の遼太郎の散歩当番が巡ってきている。年老いて少し神経質になった遼ちゃんを近所の公園に散歩に連れて行く。小用、大用を済ますとそそくさと家に帰るので散歩というほどの散歩にはならない。

 久しぶりに九時から相場を眺める。今日から実質新年度入り。配当落ちということで寄りつきは安い。4月からはしたいときにできる時間が制約されるのが辛いところであるが、当初思っていたほど張り付きっぱなしになるようなものでもなさそうだし、相場で生計を立てようなどと思わないで趣味程度にしておいた方が良さそうである。

 午後、英語会のM永さんからお誘いをいただいていた芦屋市国際交流協会主催のCarpe Diemの会というのに出ることにする。天気予報によると午後は雨とのことであったが、「まあ大したことはないであろう」と高をくくって「ろくべえ」で出かけることにする。帰りがけにイカナゴの釘煮を届けるところがあるからだ。先日K代さんから教えてもらった明石秘伝レシピを試したみた分を本人に届けて評価してもらおうとの思惑。高校教諭をしている亭主のK夫君も春休みで在宅らしいので久しぶりだ。

 往きは怪しい空模様ながら雨も落ちてこず、快調にJR芦屋へ。駐車場がなさそうなので、今日はラモールという会場ビルの向かいのローソン前に駐める。火曜日だし取り締まりはないはず。で、肝心の音楽会は珍しいリュートという楽器で中世の貴族音楽が主体であった。琵琶のような形をしていると思ったがルーツは同じらしい。奏者の井上周子さんは30歳前後の美しい女性。昼下がりのひとときをリュートの優しい音色にうっとりとさせていただいた。500円でお茶とちょっとした茶菓子がついて、悪くない。
e0083517_1633516.jpg(Photo:Ms. Inoue & Lute by Pentax Optio)

 二時半頃に演奏が終わり、さて芦屋浜のM宅に向かおうと表に出ると、なんと土砂降りの雨。しかも、雷がピカッ、ゴロゴロと止みそうもない。哀れ「ろくべえ」はローソン前でびしょ濡れである。仕方ないので、雨が上がるまで近所の喫茶店で時間つぶし。20分ほどで小降りになったので、出かけることにする。家はすぐにわかった。少しお邪魔して、しばし談笑する。長男がこの春からM電器に入社ということで縁がある。去る者、来る者好対照であるが、「枚方で研修があるそうです。」と若者は言っている。そういえば今から33年前の春だったのだなぁ、と当時の状況を思い出す。振り返ればあっという間の出来事だったように思える。

 夜は、秋口から一度飲みに行こうと約束していた小学校以来の友人であり、最近は釣り仲間のS桑との待ち合わせ。6時きっかりに紀伊国屋前で会う。2年ぶりくらいか。串カツ屋でビール、焼酎と酒が旨い。彼はコンピュータの大手に勤めていたが少し前に早期退職して、今はコンピューター学校の講師をしているらしい。二次会に流れ、かなり飲む。それほど遅くならなかったが家にたどり着いた後の記憶はない。
by yellowtail5a01 | 2006-03-28 23:59 | 友人・交遊 | Comments(0)