ブログトップ | ログイン

これがミッチの"My Slow Life"

oilsardin.exblog.jp

イマドキシニアの光と影

仕事疲れのあとは久々の教習所で息抜き

2006年5月30日(火)晴

 ようやく五月らしい天候が続いている。本来はこのような天気が続かないといけない。おかげさまで通勤は快適である。昼間は一時から三時までの予定で主催会議があったが、時間延長になってしまい、あっという間に午後の時間が消えていく。

 それにしても会議室が禁煙でないというのは辛い。八人のメンバー中5人がヘビースモーカー。露骨に禁煙にしてくれとは言いにくいところもある。直属上司もそうだし、一番関係の深い事業部長と営業本部長もスモーカーだからである。女性の主任も会議メンバーだが妊娠していたり、乳児を抱えていたらどうなんだ、と問いかけたくもなるが、まあ、ここは少し静観。その代わり、窓全開、廊下とのドアも全開ということで、煙が籠もらないようにはしてもらっている。

 2時間半の間、殆ど一人で喋ったりホワイトボードに書いたりしていたので、結構疲れた。終業後は早々に切り上げ、ララポート甲子園経由で帰ることにする。昨日、購入したズボンの裾上げができているからである。途中、甲子園自動車教習所の近くを通ったので、ちょっと寄り道する。受付には顔見知りの事務員がいなかったので素通り。二輪コース近くのテーブルでコーヒーを飲みながら教習風景をしばし眺める。

 あれは冬のことだったが、今となっては何とも懐かしい。遠目でしかとわからないが、指導員はいずれもお世話になった連中のようである。生徒はおそらく2,3ヶ月単位でどんどん入れ替わっていくのに指導員は春夏秋冬頑張っているんだ。お仕事とはいえご苦労さんだなと思う。今、スラロームや一本橋をやったらうまく行くんであろうか。やってみたい気もするが、もしボロボロだったらかなり自信喪失になるであろう。

 帰り道、甲子園球場の横を通ると盛り上がっていた。クルマならラジオなりテレビでも観戦しながら帰られるが、バイクだと携帯での野球速報すら見ることができない。結果的には快勝で首位キープ。中日の動きが気になるが、巨人の三位転落は痛快でもあり、少し残念なところもある。
by yellowtail5a01 | 2006-05-30 23:59 | 仕事 | Comments(0)